抄録

印刷

Bホール 会議センター5F
会議センター5F


12 (SUN) Morning 9:00〜9:50 プログラム
Total Solution CAD/CAM
Albert Mehl
講演
Albert Mehl
Germany

[PROFILE]

Prof. Dr. Dr., Head of Division of Computerized Restorative Dentistry, University of Zurich

1984 ‐ 1992 Studies of dentistry and physics at the Friedrich-Alexander-University Erlangen-Nuremberg
1992 Assistant Professor in the Department of Restorative Dentistry, Periodontology and Pediatric Dentistry
(Friedrich-Alexander-University Erlangen-Nuremberg)
1993 Assistant Professor in the Department of Restorative Dentistry, Periodontology and Pediatric Dentistry
(Ludwig-Maximilians-University Munich)
1997 Associate Professor (LM-University of Munich)
2002 Full Professor (Professor) (LM-University of Munich)
2006 Research Semester at the University of Zurich
2010 Full Professor and Head of the Department of Computerized Dentistry

Editorial Board of Journals:

・Journal of Adhesive Dentistry
・German Dental Journal (Deutsche Zahnarztliche Zeitschrift)
・International Journal of Computerized Dentistry

チェアサイド CAD/CAM の現状と未来

[講演内容]

 CAD/CAM 技術は治療補助として長足の進歩を遂げた。口腔内の光学スキャンシステムは今日ではパウダリングなしで全顎を三次元的にとらえ、さらに色彩情報までも得られるようになった。もう一つのCAD/CAM のおもなポイントは修復の機能表面を計算しデザインをすることができる点である。知見に基づく歯の形態についての描写は biogeneric tooth model と呼ばれるが、これによって個人の状況に合わせて、失われた歯の外観を再構成することができる。このプロセスは高度に自動化され、修復物を即座に提供できる。さらに、動的な咬合を含む新しい術式では、顎運動中の干渉を避けることができる。講演では現在の考え方とその臨床への適応について説明し、将来の展望にも言及する。


Actual state and future of chairside CAD/CAM

[Abstract]

 CAD/CAM technology has made a tremendous step forward in assisting clinical treatments. Intraoral optical scanning systems are nowadays able to capture full jaws three-dimensionally without powdering and even including color information. Another main aspect of CAD/CAM-methods is the calculation and design of functional surfaces of the restorations. A knowledge-based description of tooth morphologies, called the biogeneric tooth model, can be used for reconstructing the missing tooth surfaces suitable for the individual situation. This process is highly automated and delivers restorations in seconds. Additionally, new procedures to include the dynamic occlusion are possible avoiding interferences during jaw movements. This lecture will give an update of actual concepts and their clinical applications and will provide a look into the future of new developments

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。