抄録

印刷

Cホール 会議センター5F
会議センター5F


10 (FRI) Afternoon 14:50〜15:40 プログラム
Possibility of Implants Used in Orthodontics
Hyun Oh
講演
Hyun Oh
Korea

[PROFILE]

1989 - Graduate of Chonnam national university
Since 1990 - the opening of the Hangeul dental office
Member of Korean association of Orthodontists
Member of The Korean Orthodontic research institute Inc.
Academician of BDPG(Basic dental practice group)
Member of the Japanese Society of Aesthetic Dentistry
Adjunct professor of Chonnam national university school of dentistry

包括的治療におけるインプラントと矯正治療の関係

[講演内容]

 インプラント補綴と矯正歯科治療の両方が計画されている症例において、適切なインプラントの埋入は矯正のアンカーとして、また咬合のバーティカルストップとして機能することで、包括的治療全体に寄与する。しかし、ひとたびオッセオインテグレーションが獲得されたらインプラントの位置を変更することはできない。ゆえに、インプラントの埋入は適切に慎重に行わなければならない。言いかえれば、歯列再構築のために患者のCRや歯の位置をかえなければならないときには、不適切なインプラントの位置によりトラブルを抱えてしまうことになりかねない。
 そのため、包括的治療計画立案時の最重要要件は、正確なインプラントの位置と埋入のタイミングである。とくにインプラントの埋入が矯正歯科治療より先に行われる場合には科学的な診断が必要である。インプラント埋入位置の誤りを防ぐためには、セットアップモデルとCTスキャンを用い、術後の歯列と歯の位置をシミュレーションすることが推奨される。


The relation between implant and orthodontic procedures in comprehensive treatment

[Abstract]

 In a case where Implant and Orthodontic treatment has been planned together, an appropriate placement Implant can help the overall comprehensive treatment through serving as an orthodontic anchor and a vertical stop. However, one must be aware that the location of the Implant cannot be changed once osteo-integration occurs. Therefore, it is important to take cautionary steps in ensuring the appropriate placement of the Implant.
 In other words, if a patient requires change of CR or tooth position for Dental Arch reconstruction, complications might arise due to the inappropriately placed Implants.
 Therefore, the most important element to consider in comprehensive treatment plan is “the precise location of the fixture and the time at which it is implanted”. Especially in a case where the Implant is placed before the orthodontic treatment, a very scientific diagnosis is needed. To prevent misplacing of the Implant, the use of a CT scan along with a set up model is recommended to simulate the alignment and status of teeth post-treatment.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。