抄録

印刷

Bホール 会議センター5F
会議センター5F


10 (FRI) Afternoon 15:30〜17:00 プログラム
Peri-implantitis
Stefan Renvert
講演
Stefan Renvert
Sweden

[PROFILE]

Stefan Renvert holds a position as Professor of Oral Health Sciences and Research Director at Kristianstad University, Sweden as well as a position as visiting professor at Dublin Dental Hospital, Trinity College, Dublin, Ireland and at the Blekinge Institute of Technology, Karlskrona, Sweden. Professor Renvert is past chairman the Swedish Society of Periodontology and past chairman of the EFP. He was Scientific Chairman for Europerio 5 in Madrid 2005 and Chairman of the Europerio 6 meeting in Stockholm 2009. Professor Renvert at present holds the position as General Secretary of the EFP. Professor Renvert has published over 150 papers in international and national journals.At present Professor Renvert´s research focuses on diagnosis and treatment of peri-implantitis, risk assessments and the association of periodontal disease to general diseases.

インプラント周囲炎の治療

[講演内容]

 インプラント周囲疾患のマネージメントとして提唱されている治療法は感染管理に重点を置いている。また、インプラント周囲の微生物叢の抑制による周囲組織の治癒の可能性についての報告もされている。多くのインプラント周囲炎では、非外科的治療法による対応だけでは適切でない。レーザーや新開発の空気研磨装置(エアーアブレーション)等の新しい治療法は有望である。
 切除療法および外科的再生治療は、ともにインプラント周囲炎の治療法として評価されている。また、治療結果の改善を目指して外科手術にチタン表面の改良を組み合わせた研究も行われている。感染したインプラント表面の外科的洗浄後に再オッセオインテグレーションを穫得することは可能である。


Treatment of peri-implantitis

[Abstract]

 Therapies proposed for the management of peri-implant diseases focus on infection control and several reports have indicated a healing potential of peri-implant tissues following suppression of the peri-implant microbiota. In most cases of peri-implantitis non-surgical therapy may not be sufficient. New treatment modalities such uses of lasers and a newly developed air-abrasive device have shown promising results.
 Both resective and regenerative surgical approaches have been evaluated for the treatment of peri-implantitis. Some studies have combined surgical therapy with modification of the titanium surface to improve the healing results. It is possible to obtain re-osseointegration after surgical cleansing of the infected implant surface

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。