抄録

印刷

Aホール 会議センター1F
会議センター1F


11 (SAT) Morning 9:00〜10:00 プログラム
Joint Session for Dentists and Dental Hygienists: Periodontology
Understanding Periodontitis: Let’s Change the Viewpoint and Goal of Dentistry Move to “Life-long Maintenance”
Morning:Science-based Periodontology for Life-long Maintenance
Afternoon: All Dentists and Dental Hygienists, Let’s Start Most Recent Know-how of Periodontology Tomorrow
Mark I. Ryder
講演
Mark I. Ryder
USA

[PROFILE]

Professor and Chair of Periodontology, University of California, San Francisco

Dr. Mark Ryder is a Professor and Chair of Periodontology and Director of the Postgraduate program in Periodontology at the University of California, San Francisco where he has been a faculty member for the past 34 years. He received his dental and specialty training from the Harvard School of Dental Medicine. He is the author of over 170 articles, abstracts and book chapters and has lectured extensively in continuing education courses on the diagnosis and treatment of periodontal diseases both in the United States and abroad. He has received awards both from the University of California and from national organizations for his entertaining and informative lectures, and for his contributions to dental education.

歯肉から消化管へ、消化管から歯肉へ:ペリオドンタルメディスン最新情報

[講演内容]

 歯周病と全身の健康との関連については、医療界や一般人の間でつねに関心の的となっている。歯周治療により、歯周病の感染と炎症を軽減することが全身疾患や病態に良い影響を与える事例が示されている。同時に、全身の状態が歯周病へ与える影響についても新しい事実が明らかになってきた。
 本講演では、このペリオドンタルメディスンについての認識に対し批判的な評価を行いながら、将来の研究についての道筋を示す。これらの新しい情報は、歯科医療従事者の治療方針決定や患者教育の助けになることだろう。


From gums to guts, guts to gums: An update on periodontal medicine

[Abstract]

 There is a continued interest within the scientific community and the general public on the possible connections between periodontal disease and general health. Some benefits of reducing periodontal infection and inflammation through treatment have been demonstrated for patients with several systemic diseases and conditions. In addition, new insights have emerged on the influence of systemic conditions on periodontal diseases. In this presentation, a critical assessment of the current state of knowledge into these areas will be presented, as well as avenues for future investigation. This new information may help the dental practitioner in making treatment decisions, and in patient education.

MENU

WHAT'S NEW

2017.09.01
「第8回 日本国際歯科大会2018」公式サイトがオープンしました。ぜひ、こちらよりご利用ください。
2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。