抄録

印刷

Cホール 会議センター5F
会議センター5F


12 (SUN) Morning 9:10〜10:20 プログラム
Esthetic and Functional Full-mouth Treatment Planning
Jörg R. Strub
講演
Jörg R. Strub
Germany

[PROFILE]

Prof. Dr. J. R. Strub, born in 1948, received his D.D.S., Dr. Med. Dent. and Dr. Med. Dent. Habil. (PhD equiv) degrees from the University of Zurich, Switzerland in 1975/1985 and the Dr. h.c. from the National and Kapodistrian University, Athens, Greece, in 2008.
He was a Visiting Assistant Professor of Biomaterials at Tulane University and Louisiana State University, New Orleans, USA, 1982-1983. From 1982-1988 he was Associate Professor and co-director of the Graduate Programme in Periodontal Prosthetics at the University of Zurich.
Since 1988 Dr. Strub has been Professor and Chair of the Department of Prosthodontics at the Albert-Ludwigs University in Freiburg, Germany.
He was a Visiting Clinical Professor of Fixed Prosthodontics at the Osaka University in Osaka, Japan in 1996. Since 2009 he is Visiting Professor at the University of Pennsylvania (Dept. Preventive and Restorative Sciences), Philadelphia, USA. Since 2010 Sun Yat-sen University, Guanghua, School of Stomatology, Guangzhou, China and King Saud University, School of Dentistry, Riyadh, Saudi Arabia.
Since 2005 he is Associate Dean for Clinical Affairs at the Albert-Ludwigs University in Freiburg, Germany.

演者と聴衆で双方向的に考える治療計画

[講演内容]

 演者と聴衆が双方向的に意見を交わし、治療計画をともに考えていく本講演では、審美症例における症例分析と治療の実際に焦点を当てる。これにより、聴衆には私が今回提示するような症例に対するマネージメント法を理解してもらい、以後の治療計画立案に自信を得ていただきたい。
 まず、審美性評価における基本的な要件、たとえば理想的な歯冠形態などの基準を示す。これは患者の外見の効果的な分析に役立つと思われる。そのうえで、審美歯科に関連する左右対称性、患者個別性、遠近法や錯覚について解説する。また、審美歯科における歯肉部審美の重要性とその関連事項についても言及する。
 演者と参加者で双方向的に治療計画を考える本講演において、もっとも好ましい治療計画を導き出すには、聴衆各位の論理的思考能力かつ最適な答を導き出そうとする競争心が必要である。


Interactive Treatment Planning

[Abstract]

In this interactive treatment planning lecture, special focus will be given to the analysis and treatment of esthetic cases. The audience will gain confidence in treatment planning and know how to manage candidate cases.
Basic parameters for esthetic evaluation, such as frame and reference as well as proportions and idealism will be outlined. It will help the clinician to efficiently analyze the appearance of the patient. Then it will cover topics related to dental esthetics, including symmetry, diversity, perspective and illusion. The importance of gingival esthetics and its relation and harmony with dental esthetics will be emphasized.
The interactive treatment planning will take place where critical thinking and competitiveness of the clinicians are needed to outline the most favorable treatment plan.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。