抄録

印刷

Aホール アネックスホール
アネックスホール


11 (SAT) Afternoon 13:30〜14:30 プログラム
Dental Technician Catching World Attention, Recommended by
Mr. Yoshida and Mr. Aiba
Nondas Vlachopoulos
講演
Nondas Vlachopoulos
AestheticLab

[PROFILE]

Mr. Nondas Vlachopoulos was born in Toronto, Canada. After moving to Greece, he graduated from the school of dental technology in 1985. He then acquired a BSc Hons from the School of Dental Technology of the Technological Educational Institution of Athens (1989). In 1990 he established his own dental laboratory AestheticLab” in Athens. He has been the opinion leader in Greece for Ivoclar and Noritake-Japan since 2001, while “AestheticLab” has been the company’s pilot lab and also for the MPFBrush Co since 1999. Mr. Vlachopoulos specializes in aesthetic all-ceramic and implant restorations and collaborates with the Dental School of the National and Kapodistrian University of Athens and its postgraduate programs of Dental Prosthodontics and Dental Surgery.
Mr. Vlachopoulos has organized many seminars in Greece, USA, South America and many counties within the European Union. He has participated with presentations in congresses, and he has also published articles in Greek and foreign Dental Technology journals. Furthermore, Mr. Vlachopoulos is a member of the Hellenic Dental Technology Praxis and Pan-Hellenic Federation of Dental Laboratories.

オールセラミックによる審美的補綴修復

[講演内容]

 今日の審美歯科学は多様な科学から美術にまでひろがる膨大な知識を研究している。
 審美、機能と生体適合性において最高の成果を得るには、オールセラミック修復とインプラント、そしてこの二つを組み合わせる必要性がますます高まっている。
 しかしながら、impeccable workを行うためには、歯科技工士の知識、才能、技術、美的感覚などが最大のそしておそらくもっとも重要な要素であり続けている。歯科技工士は適切な治療法選択のためにはすべての要素をすべての症例において常に評価できなくてはいけないし、同時に必要な時には設計やその実行のために自己のもつ技術を応用して最善の結果が得られるようにする能力をもたなければならない。
 今回の講演では技工操作のプロセスを段階的に紹介し、アートとテクニックの芸術的才能への結合方法を述べる。また、それぞれの症例ごとに高い正確性を見事に実現する方法論を述べ、分析と設計をいかに管理し取り扱うかについても詳述し、最良の結果を得られる適切な方法を理解し選択可能となるようにする。


All ceramic aesthetic restorations

[Abstract]

Today’s aesthetic dentistry invests in a broad range of knowledge coming from many sciences and arts.
The need for optimum results in the areas of aesthetics, function and biocompatibility, necessitates more and more the use of all-ceramic restorations, implants, and their combination.
However knowledge, talent, technique, artistic ability and perception of the dental technician remain the biggest and perhaps the most important factor to create impeccable work. The dental technician must have the ability to assess every single time all the factors, in order to select a suitable patient therapy, and also to modify his technique wherever it is necessary for the design and execution, so that the best result can be obtained.
In this presentation will be described step by step the daily laboratory process, and the way that art and technology in combination with artistic ability, manage to fulfill with great success excellent accuracy for the requirements of each individual case. Methods and handling for analysis and design will be described in order to understand and be able to select the proper solution for the optimal result.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。