抄録

印刷

Aホール アネックスホール
アネックスホール


11 (SAT) Afternoon 13:00〜13:30 プログラム
Dental Technician Catching World Attention, Recommended by
Mr. Yoshida and Mr. Aiba
Aki Yoshida
講演
Aki Yoshida
Gnathos Dental Studio

[PROFILE]

Aki is owner-operator of Gnathos Dental Studio in Weston, Massachusetts USA. The laboratory , originally founded by Dr. Lloyd L. Miller, is an innovative,quality driven dental lab consistenly producing the highest level of dental restorations.
Aki graduated from the Dental Technician School of Nihon University in Tokyo Japan.
He is a technical instructor at Tufts University, Dept. of Post-Graduate Prosthodontics in Boston, where he has participated in Post Doctoral Courses for both dentist and technicians.He is also a Lecturer at Harvard School of Dental Medicine.
He is Fellow member of the AAED (American Academy of Esthetic Dentistry).
Also, he is Exective Board member of SCAD(Society for Color and Appiearance in Denistry) He also instructor for Kuraray Noritake Dental Supply.
Aki has presented numerous hands-on courses and lectures throughout the United States, South America, Europe and Asia. He is a four-time masterpiece Technician in the Japanese Quintessence of Dental Technology, and he has published several articles on anterior esthetic restoration in the US version of QDT.

Mastering shade matching:デジタルイメージによる色調解析とオールセラミックスクラウンの陶材築盛について

[講演内容]

 過去数十年の間、多くの歯科用測色器が紹介されてきた。しかし臨床上満足のできる正確な色調解析を得ることのできる測色器はごくわずかであった。さらに、操作性や価格の点からどれも普及するまでには至っていない。
 基本となる色調の選択と明度のコントロールが最終的な色調を決定する大きな要因となるため、歯冠修復における正確な色調再現を可能にするには、色調を正確に解析できる測色器のデータを基準とする必要がある。さらに術者の卓越した技術、芸術性や陶材築盛時の三次元的な色彩に対する理解が要求されることはいうまでもない。
 このデジタル化の時代、コンパクトカメラと革新的なソフトウェアーの進化により、正確な色調解析とすぐれた画質を提供してくれる洗練されたシステムの開発が可能となった。
 本講演では新しいシステムを用いた色調採得、解析、陶材の基本色の選択と三次元的な色調のコントロールについて解説していきたい。


Mastering shade matching:Transfer of color readings and images to tooth color reproduction on the all ceramic restorations

[Abstract]

Over the past few decades, many color measuring devices have been introduced, however there has not been a reliable device that can provide precise readings and images for clinical dentistry.
Successful color reproduction of natural teeth requires advanced techniques based on color science and artistic skills. Base shade selection and value control play critical roles in obtaining excellent color match in all ceramic restorations. This process requires accurate color determination using precise color measurement and an understanding of the three dimensional characteristics of texture and translucency. A sophisticated system which can provide accurate color readings and images is highly desirable in the digital era.
Recently, a total color management system employing a compact digital camera and innovative software has been developed. This system can deliver not only tooth images, but also precise color readings. In this lecture, the application of this system for color determination, communication, and reproduction will be discussed.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。