抄録

印刷

Dホール 会議センター5F
会議センター5F


12 (SUN) Afternoon 13:40〜14:40 プログラム
Treatment of Fully Edentulous Patients:The Present and the Future
Frank Zimmerling
講演
Frank Zimmerling
Germany

[PROFILE]

1993~1998年 Study of dentistry at the dental school of the university of Wurzburg (Germany)
1998年 Graduation and approbation as dentist
1999年 Assistant dentist in private clinic
1999~2002年 Research assistant/assistant dentist at the dental school of the University Bonn(Germany)―Departments of Prosthetics,Preclinical education and experimental dentistry
2003年 Doctorate degree(Dr. med. dent.)
2003~2009年 Private clinic in Koln/Cologne(Germany)
2010年~ Lecturer/Trainer for direct composite layering(Vanini technique),adhesive techniques and Advanced Endodontic System(A.E.T.)
Manager Professional Services at Ivoclar Vivadent AG,Liechtenstein
International lecturer and trainer at the ICDE(International Center for Dental Education)in Schaan(Liechtenstein)
Memberships:DGZMK,DGPro,DGAZ

BPS を用いた体系的義歯製作

[講演内容]

 無歯顎患者への適切な義歯を提供することは歯科医療のなかでもっとも困難なものの1つである。人口統計学的には平均余命の伸長と後半生の無歯顎状態が増えると予想されている。さらに、患者の審美や機能に対する期待は日増しに大きくなっている。これらのことは将来の補綴治療をさらに難しくすることになる。
 歯科医師や歯科技工士、および患者はBiofunctional Prosthetic System (BPS:生体機能的補綴システム)のような系統的なコンセプトを有することで、予知性のある結果を得ることができる。BPSの考えに基づく材料と方法によって、経済的でストレスのない業務の流れが実現可能であり、BPSは系統的な業務の流れと高品質の製品の総合的な組み合わせで、機能的かつ審美的な義歯の製作を可能にするものである。この段階的な業務の流れと、歯科医師と歯科技工士の良好なチームワークによって再現性のある結果を得ることができる。
 今日、部分床義歯やインプラント支持の部分床義歯には BPS のような信頼できるシステムの需要が高まっている。歴史的にみると BPS は総義歯のために開発されたが、この「古典的」で臨床的・技術的な作業手順は簡単に他の目的に応用できる。いくつかのステップは改変が必要だが、プロトコールの骨格と材料は同じように用いられる。このような手段と高い品質の材料を用いることで、われわれは患者の機能と審美の両立という期待に応えることができる。


Systematic denture fabrication with BPS

[Abstract]

 To provide edentulous patients with adequate dentures is one of the most challenging disciplines in dentistry.Studies about the demographic trend show an increasing average life expectancy and a postponement of the edentulousness to a later life period.Additionally there is an increase of our patients’ expectations regarding esthetic and function.These factors make in future the prosthetic treatment even more difficult.
 With a systematic concept like the Biofunctional Prosthetic System(BPS)which involves the patient,the dentist and the dental technician,we can produce predictable results.Materials and tools,which enable an economic and stress-free workflow,form the base of such a concept.BPS is a practical combination of a systematic workflow and high quality products for the fabrication of functional and esthetic dentures.With that step-by-step workflow and a good teamwork between dentist and dental technicians you can achieve reproducible results.
 Nowadays there is an increasing need for a reliable system like BPS for partial and implant supported dentures.Historically BPS was developed for full dentures,but the “classical” clinical and technical workflow can easily be transferred to other indications as well.Some steps have to be modified,but the basic protocol and tools can be used in the same way.With that instrument and high quality materials we can satisfy our patients’ expectations in function and esthetic.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。