抄録

印刷

Eホール 会議センター5F
会議センター5F


11 (SAT) Afternoon 13:00〜17:00 プログラム
How to diagnose a variety of patient symptoms -TMD・Oral Habits・Occlusal Dysesthesia-
古谷野 潔
著作一覧
座長
古谷野 潔
九州大学大学院歯学研究院教授
Kiyoshi Koyano
Professor, Faculty of Dental Sciences, Kyushu University

[PROFILE]

1983年 九州大学歯学部卒業
1987年 九州大学大学院歯学研究科博士課程修了(歯学博士)
1987年 九州大学歯学部附属病院助手
1991年 文部省在外研究員(米国UCLA 客員助教授:1993年まで)
1997年 九州大学歯学部教授
1999年 九州大学総長補佐(2001年まで)
2003年 九州大学歯学部附属病院長(九州大学病院副病院長)(2008年まで)
2011年 日本学術会議会員
2012年 九州大学総長特別補佐
日本口腔インプラント学会常務理事、日本顎関節学会常任理事、日本顎口腔機能学会理事、日本補綴歯科学会前理事長、Asian Academy of Osseointegration元会長、Asian Academy of Prosthodontics元会長、International College of Prosthodontics元会長、Journal of Oral rehabilitation: Associate Editor、International Journal of Prosthodontics: Associate Editor、Journal of Odontology: Associate Editor
Eホール 会議センター5F
会議センター5F


11 (SAT) Afternoon 13:00〜13:20 プログラム
How to diagnose a variety of patient symptoms -TMD・Oral Habits・Occlusal Dysesthesia-
古谷野 潔
著作一覧
講演
古谷野 潔
九州大学大学院歯学研究院教授
Kiyoshi Koyano
Professor, Faculty of Dental Sciences, Kyushu University

[PROFILE]

1983年 九州大学歯学部卒業
1987年 九州大学大学院歯学研究科博士課程修了(歯学博士)
1987年 九州大学歯学部附属病院助手
1991年 文部省在外研究員(米国UCLA 客員助教授:1993年まで)
1997年 九州大学歯学部教授
1999年 九州大学総長補佐(2001年まで)
2003年 九州大学歯学部附属病院長(九州大学病院副病院長)(2008年まで)
2011年 日本学術会議会員
2012年 九州大学総長特別補佐
日本口腔インプラント学会常務理事、日本顎関節学会常任理事、日本顎口腔機能学会理事、日本補綴歯科学会前理事長、Asian Academy of Osseointegration元会長、Asian Academy of Prosthodontics元会長、International College of Prosthodontics元会長、Journal of Oral rehabilitation: Associate Editor、International Journal of Prosthodontics: Associate Editor、Journal of Odontology: Associate Editor

睡眠と歯科医療

-睡眠時ブラキシズムとスプリント治療について-

[講演内容]

 顎関節症は近年口腔顔面痛というより広い概念に発展している。口腔顔面領域の慢性疼痛と入眠の遅延や睡眠継続の障害との関連が近年明らかになってきた。
 睡眠時ブラキシズムは、歯周治療、欠損補綴治療、インプラント治療の予後に大きな影響を与えることから、力のコントールの面でますます注目されている。
 睡眠時無呼吸は、種々の社会的問題の原因となるが、その治療に口腔内装置が有効であることから歯科領域でも注目されている。
 これらの問題は、いずれも睡眠というキーワードをバックグラウンドにもっていることから、歯科医師はこれらの問題に対処するために、睡眠学と睡眠医学についての基本的な知識をもっておく必要がある。この分野の第一人者であるLavigne先生をお招きして、講演いただけることは大変意義深い。演者はこの中で一般臨床家にとってもっともなじみのあるブラキシズムとそのスプリント治療について、最新の知見を整理して解説する。


Sleep and dentistry

- Sleep bruxism and splint therapy -

[Abstract]

 Temporomandibular disorder is now discussed in the wider concept of orofacial pain. Relationship of orofacial chronic pain and delayed sleep onset or disturbed sleep continuity has become clear.
 Sleep bruxism is now gathering attention from the force controlling aspect because it influences on prognosis of dental treatment such as periodontal treatment, prosthetic treatment, and implant treatment. Therefore, bruxism attracted much more attentions in the viewpoint of force control.
 Sleep apnea causes various social problems. Now it is attracted much attention in the dental society because the intraoral device is effective in its treatment.
 These problems share the same word “sleep” in their common back ground, dentists have to have the knowledge about sleep and its medical background to manage these problems. It is valuable that we have a chance to hear the lecture by the world’s top leader of this field, Dr. Lavigne. In this lecture, I will show the most recent concept about sleep bruxism and occlusal splint therapy.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。