抄録

印刷

Eホール 会議センター5F
会議センター5F


11 (SAT) Afternoon 16:30〜17:00 プログラム
How to diagnose a variety of patient symptoms -TMD・Oral Habits・Occlusal Dysesthesia-
玉置勝司
著作一覧
講演
玉置勝司
神奈川歯科大学教授
Katsushi Tamaki
Professor, Kanagawa Dental University

[PROFILE]

1982年 神奈川歯科大学歯学部卒業
          神奈川歯科大学歯科補綴学教室第3講座助手
1989年 神奈川歯科大学歯科補綴学教室第3講座講師
2001年 神奈川歯科大学附属病院かみ合わせ外来主任
2011年 神奈川歯科大学准教授(顎口腔機能修復科学講座有床義歯補綴学分野)
2012年 神奈川歯科大学教授(顎口腔機能修復科学講座有床義歯補綴学分野)
2013年 神奈川歯科大学大学院歯学研究科教授(顎咬合機能回復補綴医学講座)

咬合違和感症候群(occlusal discomfort syndrome:ODS)について

[講演内容]

 歯科臨床において咬合違和感を訴え来院する患者の頻度は高い。通常、咬合紙による検査、エックス線検査などから、咬合の問題と診断し当該歯の削合調整を行い、多くの場合は改善に向かう。しかしながら、咬合調整を繰り返すも症状はまったく改善せず、あるいは逆に悪化してしまう症例を経験する。
 欧米では、phantom bite syndrome (Marbach, 1976)、positive occlusal awareness (Okeson, 1985)、occlusal dysesthesia (Clark, Simmons, 2003)などが報告されているが、その病態は不明である。日本補綴歯科学会ではこのような病態を明確にする目的で、本疾患を「咬合違和感症候群(occlusal discomfort syndrome:ODS)」と定義し、その症型分類を行い、それらの病態について検討しているところである。
 今回は、この「咬合違和感症候群」の広義の症型分類(案)について報告する。


What is “occlusal discomfort syndrome (ODS)” ?

[Abstract]

In our daily clinic works, we often encounter the patients who complain occlusal discomfort many of these cases can get better by the occlusal adjustment of objective teeth using occlusal paper after diagnosed based on bite paper and/or radiographic examination. Yet some cases get worse even after repeated occlusal adjustment.
In the literature, phantom bite syndrome (Marbach, 1976), positive occlusal awareness (Okeson, 1985) or occlusal dysesthesia (Clark, Simmons, 2003), are reported, but the precise pathophysiology is unclear. Japan Prosthodontic Society designated this disease as “occlusal discomfort syndrome (ODS)” and is trying to classify and to clarify its pathophysiology.
In this lecture, I will report the proposed classification of this ODS.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。