抄録

印刷

Jホール 会議センター4F
会議センター4F

12 (SUN) Afternoon 16:30〜17:00 プログラム
Up-and-Coming Dentists' Presentation
筒井祐介
講演
筒井祐介
福岡県開業

[PROFILE]

2004年 日本大学歯学部卒業、日本大学歯
     学部口腔外科第二講座入局
2006年 筒井歯科 矯正歯科医院勤務
2007年 筒井歯科 矯正歯科医院院長
現在に至る

炎症と力のコントロールを達成するために:歯周治療と咬合面形態の臨床的考察

[講演内容]

 日々診療を行うなかで、ほとんどの歯科疾患が炎症と力の2つの要素によって引き起こされていると実感する。炎症と力をコントロールするためには何が必要か。私はデンタルエックス線写真の所見を、予後を考えるうえで重要な指標としている。垂直性骨欠損のない平坦な歯槽骨頂、明瞭な歯槽硬線、根尖病変のない緊密な根管充填像、フィットの良い補綴物。治療後そのような所見を得ることができれば、炎症と力のコントロールをある程度達成できているのではないかと考えている。
 上記したデンタルエックス線像を得るために必要なことは、炎症への対応として歯周治療が必須であり、力への対応として正しい顎位を模索し、アーチを整え、患者固有の咬合面形態を回復するという3要素が重要となってくる。
 今回全顎的に歯周治療と補綴治療を行った1症例を通じ、炎症のコントロールとして歯周治療を中心に、力のコントロールとして咬頭干渉を排除した咬合面形態の作製という視点を中心に発表をしたい。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。