抄録

印刷

Bホール 会議センター5F
会議センター5F


12 (SUN) Afternoon 14:10〜14:40 プログラム
Plastic-esthetic Periodontal and Implant Surgery
中田光太郎
著作一覧
講演
中田光太郎
京都府開業
Kotaro Nakata
Private practice in Kyoto

[PROFILE]

1990年 九州歯科大学卒業
1994年 医療法人社団洛歯会中田歯科クリニック開設
2009年 同デンタルクリニックTAKANNA開設
CID(Center of Implant Dentistry)club理事
OJ(Osseointegration Study club of Japan)理事
日本顕微鏡歯科学会指導医
東京SJCD

The Contour Augmentation:歯周形成外科手術を用いた天然歯、インプラントにおけるカントゥアの構築

[講演内容]

 Zetu、Wangらの「Esthetic Triangle」の概念(2005)が示すように、審美的に重要な部位の補綴修復治療においては、天然歯・インプラントともに周囲組織をできる限り保存し、必要な部位には硬・軟組織のマネージメントを積極的に行い、さらに高度な補綴の技術を応用することで初めて理想的な審美性が達成される。最終補綴物においては、周囲組織を含めた天然歯の自然観を再現することが非常に重要である。そのため、歯周形成外科手術のテクニックを駆使し、周囲の環境や最終補綴物と調和した量・形態を獲得する軟組織形成術が注目を浴びている。
 今回、歯周形成外科手術を応用し、天然歯・インプラント治療においての補綴処置と調和したカントゥアの構築にフォーカスを当てる。予知性と審美性を追求するために、補綴主導型歯周形成外科手術の最新の文献的考察とテクニックについてご紹介したい。


The contour augmentation:Establishment of contour around tooth / implant by using periodontal plastic surgery

[Abstract]

 As Zetu and Wang et al. showed in “Esthetic Triangle” concept in 2005, the achievement of the ideal esthetics demands to preserve the tissue around teeth and implant as possible, to manage the hard and soft tissue positively if needed, and to apply the prosthodontic techniques at a high level in the region where is demanded esthetic restoration. For the definitive prosthesis, it is quite important to reproduce the natural outlooks of the tooth including the surrounding tissue. Thus, the soft tissue plastic surgery, which is made use of the periodontal plastic surgery techniques and by which the amount and shape in harmony with surrounding environment and the definitive prosthesis are acquired, is being watching with interest.
 At this time, I would like to focus on the establishment of the contour in harmony with prosthodontics treatment of tooth / implant by applying the periodontal plastic surgery. In order to achieve the prospective and esthetics, The newest literatures and technique of the prosthodontic-driven periodontal plastic surgery will be introduced.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。