抄録

印刷

Iホール 会議センター4F
会議センター4F

12 (SUN) Morning 11:20〜11:55 プログラム
Live Version of Bestseller Books & Presentation of Quint Award
永原國央
著作一覧
講演
永原國央
朝日大学歯学部口腔病態医療学講座インプラント学分野教授

[PROFILE]

1980年 岐阜歯科大学(現朝日大学歯学部)卒業
1989年 バッファロー大学客員研究助手(2年間)
1999年 朝日大学歯学部口腔病態医療学講座インプラント学分野教授
現在、日本口腔外科学会指導医、日本口腔インプラント学会指導医、日本顎顔面インプラント学会指導医、International
Congress of Oral Implantologists Ambassador

全身疾患別にわかる!:歯科インプラント治療のリスク度チェックとその対応

[講演内容]

 日本社会での人口推計において、超高齢化社会を迎えたことで、生活習慣病といわれる疾患を有している患者の割合が増加しており、一説では、来院する患者の、2人に1人が何らかの全身的疾患をもっているといわれている。そのような状況のなかで、インプラント治療を受けたのちに障害が残るとか、死亡に至ったという症例が報告され、安全・安心な治療が求められている。
 安心なインプラント治療は、施術者が安全な治療を行って、最終的に成し遂げられるもので、診査・診断から手術、上部構造物、メインテナンスまでが、妥協なく確実に行われることが必要である。特に、インプラント治療においては、インプラント体が周囲骨組織とオッセオインテグレーションを確立し、長期維持されなければならないため、それを妨げるような全身疾患は危険因子の1つとして挙げられる。
 本講演では、安全・安心な歯科インプラント治療を行ううえでの、全身疾患に対する診査の進め方と対応について解説したい。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。