抄録

印刷

Bホール 会議センター5F
会議センター5F


12 (SUN) Morning 9:50〜10:20 プログラム
Total Solution CAD/CAM
船登 彰芳
著作一覧
講演
船登 彰芳
石川県開業
Akiyoshi Funato
Private practice in Ishikawa

[PROFILE]

1987年 広島大学歯学部卒業
1991年 石川県羽咋市にて、なぎさデンタルクリニック開業
1998年 石川県金沢市にて、なぎさ歯科クリニック移転開院
5-D Japanファウンダー
Osseointegration Study Club of Japan 常任理事
American Academy of Periodontology 会員
Academy of Osseointegration 会員
European Association for Osseointegration 会員

Implant treatment utilizing CAD/CAM technology

[講演内容]

 歯科治療のCAD/CAMテクノロジーは、急速に進歩している。とりわけインプラント治療における、このテクノロジーの貢献は多大なるものがある。補綴主導型インプラント治療が根付いた今日、術前のCT・シミュレーションソフトから得られた三次元画像は、より詳しい診断・治療計画を可能とした。そして、シミュレーションソフトから製作されたサージカルガイドは、口腔内にそれを忠実に再現できる可能性を秘めている。上部構造製作では、口腔内・模型上でデジタルスキャニングすることにより、ボーンアンカードブリッジに使用されるフレーム・アバットメントをソフト上でデザインし、製作することを可能とした。これもまた、日常臨床で頻繁に使用できる領域に近づいてきている。
 本講演では、部分欠損症例から無歯顎までのインプラント治療における外科から補綴治療まで、演者がどのようにCAD/CAMテクノロジーを応用しているかを供覧し、その可能性を述べてみたい。


Implant treatment utilizing CAD/CAM technology

[Abstract]

 CAD/CAM technology in dentistry is developing rapidly. This technology contributes greatly to implant treatment. In particular, the prosthodontics-driven implant treatment has been widely implemented. Three-dimensional images taken from CT and / or simulation software make it possible to accurately diagnose and formulate more precise treatment strategies. Thus, guided surgery using the simulation software can be successful performed in the oral cavity.
 Significantly, in the superstructure on the implants, digital scanning in the oral cavity enables practitioners to design and fabricate the framework and abutment that are used for implant-supported fixed prosthesis on the software. Nowadays, these techniques have become common practice in daily clinical treatment.
 In this lecture, I would like to discuss the possibilities of CAD/CAM technology and how to apply it in implant surgery and prosthodontics of partially- and fully- edentulous cases.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。