抄録

印刷

Jホール 会議センター4F
会議センター4F

12 (SUN) Afternoon 16:00〜16:30 プログラム
Up-and-Coming Dentists' Presentation
本多浩二
講演
本多浩二
大阪府

[PROFILE]

2001年 朝日大学歯学部卒業
2001年 木原歯科医院勤務(2004年まで)
2004年 本多歯科医院勤務
現在、大阪SJCD会員、OJ会員

欠損補綴における咬頭嵌合位の重要性

[講演内容]

 近年、歯科臨床において、インプラント・CAD/CAM・ダイレクトボンディングなどのさまざまなトピックスがあり、その進歩も目覚ましいものがある。しかしながら、欠損歯列に対しては、マテリアルよりもまず、欠損歯列の診断、そして欠損が拡大していかないために、補綴設計が重要になってくる。
 そして、欠損補綴においてキーポイントとなってくるのが歯列弓の保全と咬頭嵌合位の安定である。補綴治療においては、炎症のコントロールだけではなく、力のコントトールも考慮せねばならない。それによって、補綴治療の “ Longevity”を得ることができる。本講演では力学的な点に焦点を絞って述べていきたい。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。