抄録

印刷

Bホール 会議センター5F
会議センター5F


11 (SAT) Afternoon 17:00〜17:30 プログラム
Direct Bonding: Adhesion/Laminate/Materials
南 昌宏
著作一覧
講演
南 昌宏
大阪府開業
Masahiro Minami
Private practice in Osaka

[PROFILE]

1986年 大阪歯科大学卒業
1989年 本多歯科(東大阪市)、木原歯科(生駒市)勤務
1993年 三日市南歯科(大阪府、河内長野市)開設
2003年 南歯科医院(大阪市北区)開設
2006年 医療法人皓隆会 南歯科医院
歯学博士、5-D Japanファウンダー、大阪SJCD相談役、日本臨床歯周病学会指導医、日本デジタル歯科学会理事、日本顕微鏡歯科学会評議委員、大阪歯科大学歯科保存学講座非常勤講師、アメリカ歯周病学会会員、日本補綴学会会員

ダイレクトボンディングにおけるチェアサイドCAD/CAM修復の応用

[講演内容]

 ダイレクトボンディングは、接着材料の進歩やレジン材料の改良により、近年審美修復治療における一方法として確立してきた。
 そしてほぼ即日で治療が完了するということは、患者の望むところであるのみならず確実な歯質接着という観点からも大きなメリットであり、さらに残存歯質も最大限に保存可能であることから、本法は審美修復治療の現在のメインストリームになっていると言っても過言ではない。
 ただチェアサイドでの術者の技量によるところが大きく、それが結果を左右しかねない。たとえば隣接面接触やエマージェンスプロファイルの形態付与などは、技術的に困難であることを多く経験する。これらの築盛を確実に、しかも審美的に仕上げるには相当な訓練が必要であろう。今回は、このような技術的解決に対しチェアサイドCAD/CAM修復法をダイレクトボンディングに応用して好結果を得たので、その考え方、治療法について基礎データや症例を交えて考えてみたい。


Application of chair-side CAD/CAM restoration for the direct bonding

[Abstract]

 Direct bonding has developed and been established as esthetic restoration by the improvement of adhesive and resin materials. One-day treatment is not only what patients look for but has large merit of a secured adhesion to tooth. In addition, preserving residual tooth structure maximum is possible, it can be called the main stream of the esthetic restoration now. However, its outcome depends on practitioner’s skill. We often have difficulty in reconstruct the contact area or giving a proper emergence profile. To perform these restorative procedure certainly and esthetic, a lot of training must be necessary. I will report the favorable result of applying chair-side CAD/CAM for the direct bonding restoration to solve that problem. In addition, the principle and methodology will be explained.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。