抄録

印刷

Jホール 会議センター4F
会議センター4F

12 (SUN) Afternoon 15:30〜16:00 プログラム
Up-and-Coming Dentists' Presentation
山﨑 治
講演
山﨑 治
東京都

[PROFILE]

1999年 日本大学松戸歯学部卒業
1999年 原宿デンタルオフィス勤務
現在、東京SJCD会員、日本歯科審美学会会員

今までの補綴治療を振り返って見えてきたもの

[講演内容]

 歯科医師になってから今日まで、とくに補綴治療に興味をもち臨床を行ってきたが、その期間はCAD/CAMやジルコニアなど、多くの補綴関連器材が飛躍的進化を遂げ、まさに変革の時代での学びであった。そして実際にそれらを臨床応用するなかで、比較的単純な修復・補綴症例ならば、適切な材料選択・補綴操作を行えば良い結果が得られやすいと感じている。
 一方、インプラント治療を含む欠損補綴や矯正治療を要する全顎補などの複雑な治療では、治療難易度が格段に上がり、インタディシプリナリーアプローチなしには最良の結果が得られにくいことを経験した。その場合、まず綿密な治療計画を練って治療ゴールを明確にし、そこでのコンセンサスをチーム間で共有することが重要であり、そのうえで個々の治療が高いレベルで遂行されることが理想である。しかし現実はその複雑さゆえに治療途中で多くの問題が生じ、方針転換を余儀なくされる。われわれの世代は、技術・経験不足もその要因になる。
 本講演では、自身の修復・補綴治療症例を振り返り、達成できていること・いないこと、また今後の課題を述べてみたい。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。