抄録

印刷

Hホール 会議センター4F
会議センター4F

12 (SUN) Morning 9:45〜10:30 プログラム
MI Dentistry
吉田健二
講演
吉田健二
大阪府

[PROFILE]

2002年 大阪大学歯学部卒業、福西歯科クリニック勤務
2010年 5-D Japanファンダメンタルコースインストラクター
現在に至る

コンポジットレジンを駆使したMIの実践

[講演内容]

 言うまでもなく、MIの実践において、接着技術の進歩が大きな役割を果たしてきた。それに加え、コンポジットレジン(CR)の物性や色調の向上によるCR修復適応症の拡大が、MIの普及を大きく後押ししてきたのだろう。
 しかし、最小限の侵襲で保存的にCR修復を行ったとしても、審美性や良好な予後が得られなければ患者の満足は得られないだろう。そうならないために、CR修復を審美的に仕上げるための、また長持ちさせるための、技術や知識も必要であることは忘れてはならない。
 そして最近では、MIという概念は元来のう蝕の処置方針を示したものから、良い意味で拡大解釈をされてきているように思う。すなわち、歯科治療全般において、可能なかぎり侵襲を少なくより保存的に処置を行おうという、広義の概念への変遷である。
今回、自然感のあるCR修復を達成するための基本的な技術や知識、そして広義のMIを遂行するうえでもCRが有効に利用できることを解説したい。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。