抄録

印刷

Bホール アネックスホール
アネックスホール


11 (SAT) Morning 9:00〜10:30 プログラム
Dental Technology in Super-aged Society(Part I)
Max Bosshart
講演
Max Bosshart
Switzerland

[PROFILE]

After 4 years of studies as a Dental Technician in Zurich-Switzerland, in the years 1970/1971 he added one year of specialization in Dental Ceramics.
Since 1976 Max Bosshart is teaching removable prosthodontics. He had the chance to join 1980 for 10 years Professor Gerber as an assistant in his scientific work. This work was interrupted several times for activities abroad, for example for 1 year in the USA where he became a master Dental Technician. From 1987 to 1990 he continued his professional studies in Zurich and was at the same time teachings at the Masters Dental Technician School in Switzerland.
1991 Max Bosshart opened a small facility containing a Clinic for removable prosthodontics, aesthetics and occlusion, a dental laboratory, where interested Professors, Dentists and Dental Technician are joining for un update in the Gerber Method or come for several days for a practical course.
Since the last 30 years, Max Bosshart is teaching in 4 languages all over the world and is very pleased to have the opportunity to meet ones more his colleagues in Japan, for whom he has a enormous respect for there professionalism.

可撤式補綴物:患者に寄り添う無歯顎再建

[講演内容]

 日本では無歯顎患者の11%しか、すべての食べ物を咀嚼することができない。また、20%以上の人が自分の義歯での咀嚼に問題を抱えている。
 歯科技工士は歯科医師からの指示で業務を行っている。補綴前治療のような臨床的に重要な面についても手短に言及する。本講演では、インプラント支持のハイブリッド義歯と部分床義歯を含め、特に可撤式補綴物の咬合について述べる。今日の咬合器の機能を批判的に見ると、機器の不十分さが見える。特にインプラントの固定性の修復物では一連の流れが極めて重要である。


Removable prosthodontics:Patient related reconstruction of the edentulous

[Abstract]

In Japan, only 11% of the edentulous person can chew all kind of regular food. Over 20% show difficulties chewing with their dentures.
Dental technician depend on the delivered work from the clinician. Important clinical aspects like the pre-prosthetic treatment will be shortly mentioned.
This presentation emphasizes on the occlusion of removable prosthodontic work, including implant supported hybrid dentures and partial dentures.
A critical approach on the function of today’s articulators shows the deficiencies of our instruments. For implants, the consequences are very important in cases of fixed restorations.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。