抄録

印刷

Jホール 会議センター4F
会議センター4F

11 (SAT) Morning 11:25〜11:40 プログラム
Japanese Society of Aesthetic Dentistry・WDC Joint Session
Part3
Wen-Yen Cheng
講演
Wen-Yen Cheng
Taiwan

[PROFILE]

中国医薬学院牙医系卒業
日本審美歯科協会会員
日本顎咬合学会認定医

Simple tissue management in socket preservation

[講演内容]

 抜歯後、軟・硬組織は必ず変化が起きる。特に骨の開窓、裂開のともなう抜歯は劇的変化により、妥協的なリハビリテーション治療しか考えられないのが現状である。適切な歯槽骨量と角化歯肉は、審美インプラント治療にかかせない重要な組織であるため、歯槽骨の解剖的な容積を保つことが審美的なインプラント治療の結果を得るためのKeyでもある。
 ソケットプリザベーションの方法はさまざまだが、今回は、簡単なテクニックによりインプラント要件を整えられ長期に審美的良好な結果を得られるものとして、日常臨床例の中からopen resorbable membrane techniqueと剥離された肉芽組織を膜として利用し、適切な角化歯肉を得られる2つの方法を紹介したい。


[Abstract]

 Tissue, including hard tissue and soft tissue, changes after tooth extraction. And the tissue surrounding the tooth with fenestration or dehiscence defect changes dramatically after tooth extraction, resulting in compromised condition for further rehabilitation. And adequate alveolar bone volume and adequate keratinized mucosa are important issues in the requirement of further esthetic implant therapy. So how to maintain an ideal anatomic dimension of the alveolar ridge is the key to achieve the esthetic final outcome of implant therapy.
 There are many clinical techniques to preserve the extraction socket. I am going to step-by-step to present a case with open resorbable membrane technique and the other case with granulation tissue in the extraction socket as membrane to carry out the socket preservation and maintain an ideal width of keratinized mucosa for further esthetic and functional implantation. Through this simple technique, an ideal volume and architecture around the implant will be achieved and long-term prognosis of the implant treatment will be expected.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。