抄録

印刷

Dホール 会議センター5F
会議センター5F


11 (SAT) Morning 9:20〜10:20 プログラム
Implant Overdenture
─Which Attachment Has a High Level of Patient Satisfaction─
Jocelyne S. Feine
講演
Jocelyne S. Feine
Canada

[PROFILE]

Jocelyne Feine is Professor in the Faculty of Dentistry and Associate Member in the Department of Epidemiology & Biostatistics and the Department of Oncology, Faculty of Medicine, McGill University, Canada.
Professor Feine is a recognized world leader in the assessment of therapies for chronic orofacial conditions, particularly pain and tooth loss. Her national and international studies emphasize the quality of life and patient-based outcomes most relevant for palliative therapeutic goals. From randomized clinical trials to technology assessment, knowledge transfer and health care management, her work covers the continuum of discovery to action.
A proponent of multidisciplinary research, Professor Feine develops and carries out studies with expert teams of local and international collaborators in relevant fields. The manuscripts produced from these studies have been published in high quality, peer-reviewed international dental and medical journals.
Professor Feine’s work has been presented to university and professional audiences worldwide.

インプラントオーバーデンチャーのためのアタッチメント:患者は何を好むか?

[講演内容]

 歯科医師はインプラントオーバーデンチャーのためのアタッチメントシステムを選ぶとき選択肢がある。われわれは臨床的および患者自身の因子に基づいて、どのシステムが一人一人の患者にとって最適かを決定する。
 本講演では市販のさまざまなインプラントアタッチメントを概説、紹介し、それらが下顎のオーバーデンチャーにおいてどのように機能するかを述べる。オーバーデンチャーを装着した患者にとってもっとも大事なファクターに基づいてデザインされたときに、もっとも「理想的」なアタッチメントの形状はどのように見えるべきかについても提示する。


Attachments for implant overdentures : What do patients prefer?

[Abstract]

 Dental physicians have options when choosing attachment systems for implant overdentures. They must decide which system will be best for an individual patient, based on both clinical and patient-based factors.
 In this presentation, Professor Feine will provide an overview of the topic by describing various types of implant attachments already on the market and how each has performed with mandibular overdentures. Consideration will also be given to what the most “ideal” type of attachment might look like if it were to be designed based primarily on factors that are important to overdenture wearers.

[関連書籍]

Implant Overdentures(英語版,eBook)
Implant Overdentures(英語版,eBook)
Dホール 会議センター5F
会議センター5F


12 (SUN) Afternoon 15:20〜16:20 プログラム
Treatment of Fully Edentulous Patients:The Present and the Future
Jocelyne S. Feine
講演
Jocelyne S. Feine
Canada

[PROFILE]

Jocelyne Feine is Professor in the Faculty of Dentistry and Associate Member in the Department of Epidemiology & Biostatistics and the Department of Oncology, Faculty of Medicine, McGill University, Canada.
Professor Feine is a recognized world leader in the assessment of therapies for chronic orofacial conditions, particularly pain and tooth loss. Her national and international studies emphasize the quality of life and patient-based outcomes most relevant for palliative therapeutic goals. From randomized clinical trials to technology assessment, knowledge transfer and health care management, her work covers the continuum of discovery to action.
A proponent of multidisciplinary research, Professor Feine develops and carries out studies with expert teams of local and international collaborators in relevant fields. The manuscripts produced from these studies have been published in high quality, peer-reviewed international dental and medical journals.
Professor Feine’s work has been presented to university and professional audiences worldwide.

歯の欠損を有する患者のことをもっと知ろう

[講演内容]

 ここ数年来、さまざまな国において歯の欠損を有する人口は、数においても年齢においてもその規模を拡大している。歯のない高齢者が自分たちの全身の、また口腔の健康をどのようにみているかを理解することで、彼らのケアに対する最善の方法を見いだすことができる。
 講演ではこれらのことについて述べるが、インプラント、とくに下顎のインプラント支持のオーバーデンチャーについても述べる。無歯顎患者へのインプラント補綴の分野がこの30年間でどのように変化したかについて呈示し、患者のどの因子が現在および将来のインプラント治療にもっとも関係があるかについても考える。


Getting to know our edentulous patients

[Abstract]

 The size and age of edentate populations in many countries has increased over the years.Understanding how edentate elders view their general and oral health can offer new insights into the best methods for their care.
 In this talk,Professor Feine will discuss these issues,specifically regarding provision of intra-oral implants to retain or support mandibular overdentures.She will describe how the field of implant prosthetics for edentate people has changed over the past 30 years,and what patient factors are most relevant for present and future implant therapies.

[関連書籍]

Implant Overdentures(英語版,eBook)
Implant Overdentures(英語版,eBook)

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。