抄録

印刷

Aホール 会議センター1F
会議センター1F


11 (SAT) Afternoon 13:00〜14:00 プログラム
Joint Session for Dentists and Dental Hygienists: Periodontology
Understanding Periodontitis: Let’s Change the Viewpoint and Goal of Dentistry Move to “Life-long Maintenance”
Morning:Science-based Periodontology for Life-long Maintenance
Afternoon: All Dentists and Dental Hygienists, Let’s Start Most Recent Know-how of Periodontology Tomorrow
Niklaus P. Lang
講演
Niklaus P. Lang
Switzerland

[PROFILE]

Professor of Implant Dentistry, The University of Hong Kong 2008-2012, Professor Emeritus, University of Berne, Switzerland, Chairman 1980-2008;
Dr. odont. h.c., Aristotle University of Thessaloniki, Greece, 2011, Honorary Professor University of Aarhus, Denmark 2006-2011; Odont. Dr. h.c., University of Gothenburg, Sweden, 1997; Honorary Fellow RCPS Glasgow, 1995; Dr. odont. h.c., University of Buenos Aires, Argentina, 1994; Dr. odont. h.c., University of Athens, Greece, 1989; PhD, University of Berne, 1978; Master of Science in Periodontics, University of Michigan, Ann Arbor, 1975; Dr. med. dent., University of Berne, 1970;
Honorary Professor: The University of Hong Kong 2013-2015, University College London 2012 -, University of Zurich 2013 -
Guest Professor University of Otago, Dunedin, New Zealand, 2008, National University of Singapore, 2002, 2004, 2007, 2009, 2013; University of Michigan, USA, 2005, University of Göteborg, Sweden, 2000, University of Queensland, Brisbane, Australia, 1999/2000, University of Aarhus, Denmark, 1994, The University of Hong Kong, 1994, University of Texas, Health Science Center at San Antonio, Texas, USA, 1986; Professor Extraordinario, Universidad Autonoma de Nuevo Leon, Monterrey, Mexico, 1980.
Published over 530 articles in peer-reviewed scientific journals and several textbooks (h-Index: 62). Over 2500 lecturs in 5 continents. Editor-in-chief: Clinical Oral Implants Research, Editor: Oral Health and Preventive Dentistry. Assoc. Editor: Journal of Investigative and Clinical Dentistry
Honorary member of: the American Academy of Periodontology, the Danish, German, Helenic, Italian, Lithuanian, Slovenian, SouthAfrican and Swiss Societies of Periodontology, Danish Society for the Study of Periodontology, Italian Society of Osseointegration, International Team of Implantology (ITI), Australian-New Zealand Academy of Periodontology (ANZAP). Platinum medal of the Spanish Society of Periodontology and Implant Dentistry

歯周炎易感染性患者におけるインプラント治療:現代のジレンマ

[講演内容]

 一世代前、複雑な症例は総義歯か、歯周組織は健康だが支持組織が減少した少ない支台歯利用の複雑な補綴修復に終わることが多かった。これらの治療法は良好な経過を経ていたし、長期的にも高い成功率と生存率を示していたが、高額な治療だけに術者に高度な技術を要求するものだった。
 ここ20年間で、インプラントはこの再建治療を革命的に変えた。インプラント治療は、 a) 患者の咀嚼を改善し、b) 天然歯質と良好な既存補綴物を保存し、c) 治療戦略上重要な欠損歯を置き換える、といった目的で行われる。今日のインプラントは入念な治療計画のもとに埋入される。この治療計画の成功を保証するものはインプラントの埋入本数ではなく、日和見感染の後遺症といえる口腔疾患を診察していくコンセプトである。それゆえ、インプラントのアバットメントが埋入される前に、それら感染が管理されていなければならない。


Implant-therapy in periodontitis-susceptible patients:The modern dilemma

[Abstract]

A generation ago, complex cases either ended up in being treated with full dentures or with elaborate prosthetic reconstructions on few abutment teeth with reduced periodontal support, but completely healthy periodontal tissues.
It is evident that such treatment was successful and enjoys high success and survival rates on a long term basis, but it was expensive and required enormous skills of the practising dentist.
In the latest two decades, oral implants have revolutionized reconstructive dentistry. Implants are chosen a) to improve subjective chewing comfort, b) to preserve natural tooth substance and existing satisfactory reconstructions and c) to replace strategically important missing teeth. Implants should now be installed after diligent treatment planning. It is not the number of inserted implants that guarantees a successfully completed treatment plan, but the concept that the sequellae of oral diseases represent the sequellae of opportunistic infections and hence, these have to be controlled before implant abutments are installed.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。