抄録

印刷

講演時間:9:40~10:40 Iñaki Gamborena先生の講演が都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。

Bホール 会議センター5F
会議センター5F


11 (SAT) Morning 9:40〜10:20 プログラム
Implant Treatment Options in Esthetic Restorative Dentistry
Givi Ordzhonikidze
講演
Givi Ordzhonikidze
Russia

[PROFILE]

He graduated in Moscow Dental University in 1998 and has privet clinic, where he is a main member of multidisciplinary team of dentists that focus on cosmetic reconstructive dentistry. He lectures extensively on multidisciplinary approaches to optimizing esthetics by integrating restorative dentistry and periodontic implants in developing total dentofacial harmony. He also has written a lot of articles in Russia in the field of contemporary esthetic dentistry. Dr Ordzhonikidze's clinical focus is in operative, prosthetic, and implant dentistry, while his main interest is in the field of CAD/CAM technology and biomaterials.

審美領域における包括的治療

[講演内容]

 前歯部の審美性は、患者にとって歯科治療のもっとも重要な関心事である。患者は完全な機能だけでなく、審美的にも満足できて長持ちする修復を求めている。正確な診断と綿密かつ確定的な治療計画に基づいた臨床要綱が順守された時のみ、予知性と審美的な結果を得ることができる。
 本講演では複雑な治療を要する症例に対し、満足できる審美的また機能的結果を得るための主たる条件を解説してみたい。緻密な治療計画、各専門職による治療アプローチおよびその技術と材料を理解することなくして、良好な長期的結果を得ることはできない。
 複雑な治療の審美的および機能的結果は、多くの因子に影響される。これらの因子は適切な形で取り組まれなければいけない。治療を成功させるためには、包括的な術前の審美および機能の分析と、補綴専門医と歯科技工士、さらには顎顔面外科医がリハビリ計画の詳細までコミュニケーションをとることが絶対的に必要である。
 複雑な治療のマネージメントには、材料選択がきわめて重要である。歯科医院を訪れる患者のすべてが、先端技術の手術、たとえば歯槽頂の増大やGBR、あるいは最新の CAD/CAM 技術を用いたハイテクのオールセラミック修復物を求めているわけではない。患者は長持ちする美しい歯を求めている。患者を満足させるのは歯科医師にかかっている。それには専門家が個別の症例それぞれに、適切な材料と方法を用いて治療する必要がある。


Comprehensive treatment in the esthetic zone

[Abstract]

 In the anterior region esthetics plays the most role for our patients in treatment. Patients expect not only a fully functional restoration but also an esthetically pleasing and long lasting solution. A predictable and esthetic result can only be achieved by adhering to a proven clinical protocol, which is based on precise diagnostic procedures, conventional and meticulous treatment plan.In the presentation will be discussed main conditions that are required in order to achieve satisfactory esthetic and functional outcome of complex rehabilitation. Good long-term results are impossible without thorough treatment planning, multi-disciplinary approach and understanding of techniques and materials.
Many factors influence esthetic and functional outcome of complex oral rehabilitation. Those factors should be addressed in a proper way. Comprehensive preoperative esthetic and functional analysis, correct communication between prosthodontist, and dental technician or even maxillo-facial surgeon regarding all details of planned rehabilitation are absolutely necessary for successful treatment.
Material selection plays important role in the management of complex cases. After all patients come to us not for advanced surgical techniques, ridge augmentation, guided tissue regeneration and not for high-tech all-ceramic restorations made with CAD/CAM technologies of latest generation. Patients want to have beautiful teeth that will function for a long-long time. And it is up to specialists to satisfy these needs using proper materials and methods in each and every clinical case.

MENU

WHAT'S NEW

2017.09.01
「第8回 日本国際歯科大会2018」公式サイトがオープンしました。ぜひ、こちらよりご利用ください。
2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。