抄録

印刷

Aホール 会議センター1F
会議センター1F


12 (SUN) Morning 9:30〜10:20 プログラム
Joint Session for Dentists and Dental Hygienists: How to Get Cutting Edge Cariology into General Clinical Practice
Nigel Pitts
講演
Nigel Pitts
Professor, King's College London, United Kingdom

[PROFILE]

At King’s College London Dental Institute, Professor Nigel Pitts FRSE is Director of the Innovation and Translation Centre for the Dental Institute, Executive Lead for the Clinical Innovations Theme; Executive Lead for the Collaboration to Improve Dentistry Theme and Professor of Dental Health. He is also an Honorary Consultant in Dental Public Health to Guy’s and St Thomas’ NHS Foundation Trust.

He has been awarded international research prizes from: the FDI World Dental Federation, the British Dental Association Research Foundation, and the International Association for Dental Research (IADR – now holding two Distinguished Scientist Awards - for Epidemiology (1999) as well as Caries Research (2011); as well as from the European Organization for Caries Research (ORCA –where he is a Past President). He is also Past President of BASCD - the British Association for the Study of Community Dentistry and of EADPH – the European Association for Dental Public Health.

Currently, Professor Pitts is Co-Chair of the International Caries Detection and Assessment System (ICDAS) Foundation. He is also Chair of the Alliance for a Cavity Free Future and works with a number of research and professional organisations, as well as Companies, in Dentistry.

ICDAS による国際う蝕分類とそのマネジメントシステム(ICCMS™)
:臨床におけるう蝕とそのリスク評価

[講演内容]

 本講演では、う蝕の探知、評価、診断、観察のための組織学的評価システムの発展と、ICDASが、臨床に即したかたちに統合された、シンプルかつ最先端のリスク評価システムである ICCMS™をどのように開発したかについて説明する。
 ICCMS™によって、歯科医療チームは個人に即したモダンなう蝕マネジメントを計画することが容易になる。またICCMS™は、The Global Collaboratory for Caries Management (GCCM) によリ臨床と教育の両面での応用が推進されている。ICCMS™を日常臨床で用いるツールが多数生み出されていることからも、いまICCMS™が注目されていることがわかるだろう。


The ICDAS Foundation’s International Caries Classification and Management System (ICCMS™)
:delivery of both caries clinical and caries risk assessment in practice

[Abstract]

This presentation will explain the development of a histologically-validated System for the Detection, Assessment, Diagnosis and Monitoring of Caries and how the ICDAS Foundation has taken this forward to design an integrated, practice-friendly System - ICCMS™ (incorporating a simple but cutting-edge risk assessment).
This helps the dental team design personalised care plans to deliver modern caries management. There is a new focus on implementation of ICCMS™ in both Practice and Education, which is being facilitated by the Global Collaboratory for Caries Management (GCCM). A number of tools are being produced to help the dental team use ICCMS™ in daily practice.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。