抄録

印刷

Bホール 会議センター5F
会議センター5F


12 (SUN) Morning 11:40〜12:30 プログラム
Total Solution CAD/CAM
Irena Sailer
講演
Irena Sailer
Germany

[PROFILE]

Head of Division of Fixed Prosthodontics and Occlusion at the University of Geneva.
Adjunct Associate Professor
Department of Preventive and Restorative Sciences, Robert Schattner Center, School of Dental Medicine, University of Pennsylvania, Philadelphia, USA (Head: Prof. Dr. M.B. Blatz)

Irena Sailer received her dental education and Dr. med. dent. degree from the Faculty of Medicine, University of Tubingen, Germany in 1997/ 1998. In 2003 Dr. Sailer received an Assistant Professorship at the Clinic of Fixed and Removable Prosthodontics and Dental Material Sciences in Zurich. Since 2010 she is an Associate Professor at the same clinic. In 2007 Dr. Sailer was a Visiting Scholar at the Department of Biomaterials and Biomimetics, Dental College, New York University, USA. Additionally, since 2009 she holds an Adjunct Associate Professorship at the Department of Preventive and Restorative Sciences, Robert Schattner Center, School of Dental Medicine, University of Pennsylvania. Philadelphia, USA.
Since September 2013 she is the Head of the Division of Fixed Prosthodontics and Occlusion at the University of Geneva.

新テクノロジー、新材料、可能性は無限か?

[講演内容]

 デジタル印象と補綴物のCAM(コンピュータ支援の製造)は、確実に修復歯科における重要な地位を築いてきた。デジタル印象は30年以上前にセレックCAD/CAM システムの開発とともに紹介されてきたにもかかわらず、その臨床使用は最近に至るまで多くは行われてこなかった。今日では多くの口腔内スキャナーやそれにともなう多様なCAD/CAM システムが入手できる。
 コンピュータ支援の製造方法の大きな利点の一つは、その修復物の正確さである。もう一つの利点としては従来の方法に比べて能率が良いこと。さらには、CAD/CAMで用いる新材料の多様性も挙げられる。高強度セラミックス、リチウム2ケイ酸ガラスセラミックス、卑金属合金などはすでに確立された修復材料である。ナノセラミックスなどの新しいハイブリッド材料も、長期持続し審美的でありコストも安い。モノリシックで使用可能でありチェアサイドでの加工ができ、歯やインプラント支持のモノリシック補綴物が見られるようになった。しかしその結果についての論文は少ない。
 講演では、新テクノロジーが臨床医にもたらす可能性について厳密に評価し、それが無限の可能性を持つかどうかに焦点を当てる。


New technologies ? new materials ? unlimited possibilities?

[Abstract]

 Digital impressions and computer-aided manufacturing of restorations steadily gain in importance within restorative dentistry. Irrespective of the fact that digital impressions have been introduced to dentristry more than 30 years ago with the development of the Cerec CAD/CAM system, their application in daily clinical practice was was not very frequent - until recently. Today, a high number of intraoral scanners and associated CAD/CAM procedures are available.
 One of the factors raising the attractiveness of computerized procedures may be an increase in precision of the restoration. One further factor may be the raise in efficiency as compared to conventional procedures. Finally, the high variety of new restorative materials which were introduced for the computerized manufacturing may be another reason.
 High strength ceramics, lithium-disilicate glass-ceramics or non-precious alloys are already well established as restorative materials. New hybrid materials like e.g. nano-ceramics even promise to be long-lasting, highly esthetic and less costy. They can be used in the monolithic stage, and processed chairside in the dental practice. An increase in the application of these monolithic tooth ? and/or implant- borne restorations can be observed in daily clinical practice. Still, the literature on their outcomes is very scarce.
 The lecture will critically evalulate the possibilities that the new technologies offer to the practician, and will highlight whether or not they are unlimited.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。