抄録

印刷

Cホール 会議センター5F
会議センター5F


12 (SUN) Afternoon 14:15〜15:30 プログラム
Esthetic Restoration of Natural Teeth in the MI Era:From Laminate Veneer to Crown Bridge
Francesca Vailati
講演
Francesca Vailati
Switzerland

[PROFILE]

After receiving her medical degree from the University of Bari (Italy) in 1996, Dr. Vailati left Europe to pursue her dental education in the United States.
In 2000 she received her dental degree from the University of Pennsylvania (USA) and in 2003, she earned a certificate in Prosthodontics along with with a M.S.D. degree from the University of Connecticut (USA).
Returning to Europe in 2003, she joined the department of Fixed Prosthodontic headed by Prof. Urs Belser at the University of Geneva (Switzerland), where she remains as a senior lecturer.
Dr. Vailati maintains a part-time private practice in Geneva, dedicated to aesthetic restorative dentistry and prosthodontics.
She has contributed several articles in the field of restorative dentistry and implantology and lectures on a variety of topics related to full mouth adhesive rehabilitation and implant prosthodontics.

前歯の重篤なトラブル症例: まだクラウンは必要か?

[講演内容]

 歯科治療には異なる3つの成功がある。すなわち審美的、機械的および生物学的成功である。これらはいかなる歯科治療においても必須であると考えるべきである。しかし、残念ながら生物学的成功(歯質と歯髄の保存)は考慮されていないことがしばしばである。
 (歯が)高度に摩耗した症例ではすでに多くの歯質が失われている。そのような症例において生物学的成功を得るには、より侵襲の少ないアプローチが必要となる。
 接着修復は、とくに上顎前歯の修復には信頼性の高い治療である。
 残存する歯質を最大限残し、これ以上歯を弱くしないために、演者は上顎前歯における2つのベニアによる修復を提唱している(Sandwich approach)。最長7年間のフォローアップから得られた(審美的、機械的および生物学的成功の観点からの)良好な結果をふまえ、前歯部の従来型のクラウン治療が最良の治療選択か否かを問う。


Severely Compromised Anterior Teeth, are Crowns still Necessary?

[Abstract]

There are three different successes in Dentistry, which should be considered essential in any treatment plans: esthetic, mechanical, and biological success.
Unfortunately the biological success (tooth structure and vitality preservation) is not often considered essential starting point in dental rehabilitations.

Patients affected by severe wear present already an extensive loss of tooth structure. Their restorative therapy should be even more based on a minimal invasive approach, to guarantee the so crucial biological success.
Bonded restorations represent a very reliable treatment, especially to restore maxillary anterior teeth.
To preserve to a maximum the remaining tooth structure and to not weak further the already compromised dentition, the author proposes to restore with two veneers each maxillary anterior tooth (Sandwich approach).
The encouraging results (esthetic, mechanical, biological success) obtained at up to 7-year follow-up should question if conventional crowns in the anterior quadrants are still the best therapeutic option.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。