抄録

印刷

Bホール 会議センター5F
会議センター5F


11 (SAT) Afternoon 14:30〜15:30 プログラム
Direct Bonding: Adhesion/Laminate/Materials
Marcos Vargas
講演
Marcos Vargas
USA

[PROFILE]

Dr. Marcos Vargas attended Cayetano Heredia University School of Dentistry in Lima, Peru and graduated in 1985. He spent two years, 1990 to 1992, in the AEGD program at the Eastman Dental Center in Rochester, New York. Dr. Vargas received his Certificate and Master Degree in Operative Dentistry in 1994 at the University of Iowa where he is currently a Professor in the Department of Family Dentistry. His primary research interests are in the area of dental materials including glass ionomers, dentin bonding, composite resins and esthetic dentistry. Dr. Vargas is also recognized for his expertise of Direct Restorative Treatment Procedures and conducts numerous lecture and hands-on seminars in the US and internationally. Dr. Marcos Vargas has published extensively in the area of dental adhesion and resin composites for over 20 years. He maintains a private practice limited to Restorative Dentistry with an emphasis on aesthetic dentistry.

ダイレクトコンポジットレジン修復:レイヤリングか否か? それが問題だ!

[講演内容]

 天然歯の機能的、審美的修復をコンポジットレジンで行うとき、歯科医師は困難な決断に直面する。シェード、オペーク、透過性等の選択は、ダイレクトコンポジットレジン修復を使う際の悩みどころである。加えて、適切な積層術や層構成を選ぶことが天然歯に似た修復物を得るための鍵である。推奨される積層法がいくつかあるが、この決定に関する思考過程についてはほとんど知られていない。
 本講演では多色あるいは単色の微妙なコンポジットレジン修復をいつ、どのように選択するかの指針を解説する。


Direct resin composites: To layer or not to layer? That is the question!

[Abstract]

 Dental practitioners face difficult decisions to functionally and esthetically restore natural dentition using resin composites. Shade, opacity and translucency selection is challenging when using direct resin composites. Additionally, choosing the appropriate layering or stratification technique is key to end up with restorations that mimic natural tooth structure. Several stratification techniques have been advocated, but little is known about the thought process involved in this decision.
 This presentation will provide the clinician with a guide to select when and how to stratify and deliver polychromatic or monochromatic imperceptible resin composite restorations.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。