抄録

印刷


William Zickefoose先生は都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。

Lホール 会議センター3F
会議センター3F


12 (SUN) Morning 9:00〜12:00 プログラム
MFT Symposium
William Zickefoose
講演
William Zickefoose
U.S.A.

[PROFILE]

Mr. and Mrs. Zickefoose are both certified orofacial myologists. Mr. Zickefoose is a well-known leader in the field. He is the founder (1971) and first president of the International Association of Orofacial Myology. He has been in practice since 1957.
Mrs. Zickefoose was a teacher before taking training to enter the field of orofacial myofunctional therapy. She has been in practice since 1976.
Mr. and Mrs. Zickefoose are directors of the Academy of Oral Myofunctional Therapy - International and have trained therapists throughout the world. They have lectured extensively to dental and medical groups. They have published numerous educational materials. 
They are happy to share their expertise with those attending The 7th World Dental Meeting 2014.

咀嚼と嚥下の同期化

[講演内容]

 筋肉の不都合な機能は歯科医誰もが経験する。患者が初診時診療室に入ったときから筋肉の機能について考えることが重要である。口腔顔面の筋肉の同期化という目標のために、口腔顔面の筋肉機能の治療は患者に正しい姿勢だけでなく、舌、唇、顎の正しい動きを完全に理解できるようにする。しばしば見過ごされているものの、やはり強調しなければいけないのは、食事パターンを正しい筋肉の機能に組み込むということである。望ましい結果を得るためには、歯科医師や、治療者、患者、保護者間の協調的な努力が必要である。


Synchronizing mastication and deglutition

[Abstract]

 We have all encountered adverse muscle function in our practices. It is important that the muscle function be considered from the first time a patient enters a dental office. Orofacial myofunctional therapy, with its goal of synchronizing the orofacial musculature, gives the patient a complete understanding of the movement of the tongue, lips and jaw as well as the correct postural position. What is often overlooked and must be addressed is the incorporation of eating patterns to habituate the correct muscle function. There must be a coordinated effort between the dentist, therapist, patient and parents to obtain the desired result.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。