抄録

印刷

Bホール 会議センター5F
会議センター5F


12 (SUN) Afternoon 13:10〜14:10 プログラム
Plastic-esthetic Periodontal and Implant Surgery
Giovanni Zucchelli
講演
Giovanni Zucchelli
Italy

[PROFILE]

Professor of Periodontology Bologna University.
PHD in Medical Biotecnology applied to Dentistry.
Active member of Italian Society of Periodontology and European Federation of Periodontology.
Member of the Editorial Board of the European Journal of Aesthetic Dentistry and International Journal of Periodontics and Restorative Dentistry.
Winner of scientific prizes for the research in periodontology in USA and Europe.
Authors of 100 scientific publications in the fields of Periodontology.
Co-author of an atlas text book on soft tissue plastic surgery (Ed. Martina) and of the chapter “Mucogingival therapy ‐ periodontal plastic surgery” in the Jan Lindhe text-book “Clinical Periodontology and Implant Dentistry, 5th edition - (Ed. Wiley-Blackwell)”.
Author of a book on Esthetic mucogingival surgery (Ed. Quintessence).

歯とインプラント周囲の歯肉退縮の審美的治療

[講演内容]

 新しい外科的軟組織マネジメントの知見により、歯肉退縮に対して最小限の侵襲による結合組織移植で審美性を獲得できるようになった。インテグレーションが完成されているインプラントですら、しばしば頬側の辺縁軟組織の退縮という合併症がみられる。患者が審美的に不満を覚える一般的な要因として、薄い頬側軟組織を透過して見えるインプラントの金属部分、あるいは金属の露出が挙げられる。さらにインプラントの不良埋入が、インプラント支持のクラウンの頬側マージンを根尖側に位置させることもしばしば起こる。軟組織形成外科術式のうち、とくにバイラミナテクニック(二層法)は、歯間部軟組織の量を増やすために術前術後の補綴処置とともに成功裏に使われている。また、インプラント周囲の頬側歯肉退縮や軟組織の裂開の治療および新しいインプラント支持のクラウンの粘膜貫通部のエマ?ジェンス・プロファイルをつくるためにも使用し、成功を収めている。


Esthetic treatment of gingival recession around teeth and implants

[Abstract]

New knowledge in soft tissue surgical management permits to achieve esthetic coverage in gingival recession with minimally invasive connective tissue grafts. The recession of the buccal soft tissue margin is a frequent complication of well integrated dental implants. The appearance of metallic structure or even their transparency through the thin buccal soft tissues are common reasons for patient aesthetic complains. Moreover, bad implant installation frequently results in excessive apical dislocation of the buccal soft tissue margin of the implant supported crown. Soft tissue plastic surgical procedures and bilaminar techniques in particular, can be successfully used in combination with a pre and postsurgical prostethic approaches to increase the volume of the interdental soft tissue, to treat buccal gingival recessions and soft tissue dehiscence around dental implants and to provide the new implant supported crown with an esthetic transmucosal emergency profile.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。