抄録

印刷

Jホール 会議センター4F
会議センター4F

11 (SAT) Afternoon 14:50〜15:05 プログラム
Japanese Society of Aesthetic Dentistry・WDC Joint Session
Part6
有川公志郎
講演
有川公志郎
鹿児島県開業

[PROFILE]

1994年 福岡歯科大学卒業
2007年 鹿児島県霧島市にて開業
日本審美歯科協会会員
JACD会員
経基臨塾会員
MKS研究会会員
Fujita-Club会員

可撤性義歯による咬合再構成を目指して

[講演内容]

 多数歯の欠損補綴において、近年ではインプラントによる咬合回復が目覚ましい発展を遂げていることは否めない。
 しかしながら、インプラントによる多数歯の欠損補綴には費用面や外科的侵襲による身体の負担を考慮すると、すべての患者が享受できるとは限らない。また、超高齢社会に突入したわが国においてはメインテナンスなどの問題についても考えねばならない。
 多数歯欠損補綴を行う際、治療法選択肢を決める要素としては患者の要望、術者のスキルなど、さまざまな要因がある。そのなかで可撤性義歯による治療を選択することで患者、術者、またメインテナンスを行うスタッフにおいて、身近でかつ負担が少ない方法の1つと考える。
 今回、私の行った症例を供覧していただき、治療方針、義歯の設計など、ご指導、ご鞭撻いただければ幸甚である。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。