抄録

印刷

Gホール 会議センター3F
会議センター3F

11 (SAT) Afternoon 14:10〜14:40 プログラム
Implant Rescue
石本光則
著作一覧
講演
石本光則
東京都開業

[PROFILE]

1992年 北海道大学歯学部卒
1997年 石本歯科クリニック開業

炎症の障害性刺激因子から考えるインプラントレスキュー

―インプラント周囲炎と上顎洞炎を中心に―

[講演内容]

 インプラント治療が普及した現在、審美的、機能的回復の目的はある程度達成されたと考えられる。しかし、欠損があるからその部位をインプラントにより修復するという短絡的な考えでは長期予後は望めない。
 炎症の障害性刺激因子は物理的作用、化学的作用、病原微生物の作用に分類される。歯科治療においては、物理的作用(咬合力)と病原微生物の作用(感染)が大きく関与しており、その因子が相互に複雑に絡み合っているとの認識が必要である。インプラント周囲炎、上顎洞炎とも病原微生物の作用による炎症であるが、その炎症の急性化には物理的作用が関わっていることが多い。
 病原微生物の作用のみに目を向けるのではなく、物理的作用にも着目してインプラント周囲炎や上顎同炎に対処する必要があると考えている。本講演ではそれらの症例を提示しながら解説していこうと思う。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。