抄録

印刷

Jホール 会議センター4F
会議センター4F

11 (SAT) Afternoon 13:45〜14:00 プログラム
Japanese Society of Aesthetic Dentistry・WDC Joint Session
Part4
吉村理恵
著作一覧
講演
吉村理恵
福岡県開業

[PROFILE]

1983年 福岡歯科大学卒業
1987年 福岡県太宰府市にて開業
2012年 歯学博士
Woman Dentists Club (W.D.C.)会員
ICOI認定医、IPOI(近未来オステオインプラント学会)指導医
日本歯周病学会専門医
日本顎咬合学会認定医
日本審美歯科協会会員
OJ正会員

進行した歯肉退縮症例への対応とその考察

[講演内容]

 歯肉退縮は臨床において頻繁に見られる問題であり、知覚過敏やカリエスリスクの増大、審美障害などをしばしば引き起こす。
 歯肉退縮の原因には、薄い骨や歯肉のバイオタイプ、付着歯肉の不足、小帯の牽引、口腔前提の狭小などの患者がもつ形態的要因(素因)や不適切なブラッシング、咬合、パラファンクション、不適合な修復物などの悪化させる要因などが考えられる。歯肉退縮はこれらのさまざまな要因が複雑に絡み合って起こることが多く、歯肉退縮が生じた原因を十分に考察し、総合的に診断し、治療していく必要がある。場合によっては、全顎的な治療の介入を必要とするケースも少なくない。
 今回、上下左右の犬歯部の進行した歯肉退縮に対してCTG、Double pedicle graft、EMDを併用した根面被覆術とMTMを用いて歯肉退縮を改善し、さらに全顎的に咬合改善を行った症例について、治療経過とその考察を報告したい。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。