抄録

印刷

Fホール 会議センター3F
会議センター3F

11 (SAT) Morning 9:00〜12:00 プログラム
Decision Making for Prosthodontic Planning
上田秀朗
著作一覧
座長
上田秀朗
福岡県開業

[PROFILE]

1983年 福岡歯科大学卒業
1983年 福岡歯科大学口腔外科第二講座研究生
1987年 北九州市にて開業
1997年 学位取得
2010年 福岡歯科大学総合歯科学臨床教授
現在、日本顎咬合学会副理事長・指導医、日本口腔インプラント学会代議員・指導医、アメリカ歯周病学会会員(AAP)、Academy of Osseointegration会員、JACD会長、日本包括歯科臨床学会会長
Fホール 会議センター3F
会議センター3F

11 (SAT) Morning 9:00〜9:30 プログラム
Decision Making for Prosthodontic Planning
上田秀朗
著作一覧
講演
上田秀朗
福岡県開業

[PROFILE]

1983年 福岡歯科大学卒業
1983年 福岡歯科大学口腔外科第二講座研究生
1987年 北九州市にて開業
1997年 学位取得
2010年 福岡歯科大学総合歯科学臨床教授
現在、日本顎咬合学会副理事長・指導医、日本口腔インプラント学会代議員・指導医、アメリカ歯周病学会会員(AAP)、Academy of Osseointegration会員、JACD会長、日本包括歯科臨床学会会長

「咬合」というリスクを診ぬく!

[講演内容]

 咬合再構成するうえで、欠損補綴に先立って歯列不正や歯周病などの問題を解決しなければいけないケースは多い。また、 臨床において一見咬合の問題がなさそうに見えても、フェイスボウトランスファーを採得し精査してみると、咬合平面の乱れが診断されるなど、歯周環境のみならず、咬合の観点からも環境を整備しておく必要のある症例は少なくない。 咬合の安定におけるもっとも重要な要素は、まず適正な下顎位の下で咬合平面を是正し、左右シンメトリックな歯列を構築することにあり、またそうすることで長期に安定した咬合関係を維持できると考える。さらに態癖や中枢系からのストレスブレーカーであるパラファンクションなどの顎口腔系に加わる非機能的な力を可能な限り取り除くことも必要となる。 実際、患者が顎関節の痛みなどの臨床症状を認識していないとしても、顎関節のダメージを受けている症例が存在することも事実であり、多くの場合「咬合」というリスクが潜んでいる。 今回は咬合の安定という大きなLongevityの幹をいかに太くしっかりとしたものにするか、その着眼点について説明していきたい。


418ホール 会議センター4F
会議センター4F

12 (SUN) Afternoon 14:45〜15:45 プログラム
上田秀朗
著作一覧
講演
上田秀朗
福岡県開業

[PROFILE]

1983年 福岡歯科大学卒業
1983年 福岡歯科大学口腔外科第二講座研究生
1987年 北九州市にて開業
1997年 学位取得
2010年 福岡歯科大学総合歯科学臨床教授
現在、日本顎咬合学会副理事長・指導医、日本口腔インプラント学会代議員・指導医、アメリカ歯周病学会会員(AAP)、Academy of Osseointegration会員、JACD会長、日本包括歯科臨床学会会長

包括歯科臨床の実際:審美的で機能的な咬合再構成を求めて


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。