抄録

印刷

Aホール 会議センター1F
会議センター1F


12 (SUN) Afternoon 16:00〜16:30 プログラム
Endodontics:Art & Science
牛窪敏博
著作一覧
講演
牛窪敏博
大阪府開業
Toshihiro Ushikubo
Private practice in Osaka

[PROFILE]

1988年 朝日大学歯学部卒業
1992年 うしくぼ歯科開業
1998年 ペンシルバニア大学マイクロサージェリーコース終了
2001年 東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科歯髄生物学教室専攻生修了
2005年 東京歯科大学歯内療法学講座専攻生
2008年 ペンシルバニア大学歯内療法学教室インターナショナルプログラムエンドドンティックレジデント卒業
2008年4月 大阪府大阪市にて歯内療法専門医院開設

根尖性歯周炎を再考する

[講演内容]

 根尖性歯周炎の原因は細菌であり、その侵襲による組織応答で病態が発症することは明白である。口腔内常在菌による日和見感染的に始まるが、その大きさも大小さまざまである。小さな病変では治療介入するが、大きな病変では従来どおりの根管治療で治癒する可能性が低いとの理由で抜歯を選択する症例も少なくはない。つまり大きな病変は治らないと先入観で決めつけている可能性があるが、本当にそうであろうか。術前診査のエックス線写真のみで、病変が大きいから歯根嚢胞だろうと治療を躊躇してはいないだろうか。しかしながら術前のエックス線写真でそのような病態か否かを判断することは不可能であり、病理組織を採取しない限り知る術はない。また仮にそうであったとしても治療の内容に変わりはないはずである。そこで、今回は根尖性歯周炎の成立機序を考慮しながら治療における留意点と意思決定について解説させていただきたい。


Re-considering the apical periodontitis

[Abstract]

 Apical periodontitis is caused by bacterial infection,and it is obvious that the lesions occur by histological tissue responses against bacterial invasion.It starts as an opportunistic infection of oral residual bacterial flora,yet the degree of infection is varied.If the lesion is small,we can treat it,but when it is large,we tend to extract the tooth because of the low possibility of preserving the tooth by conventional root canal treatment.In short,we believe that a large lesion is hard to cure,but is it true? We often think it is a cyst because of a large radiolucency by pre-surgical periapical radiograph.So we hesitate to treat it.However,a radiograph examination can’t diagnose such a lesion perfectly without a pathological examination.Even if it could,the treatment procedure is still the same.
 In this lecture,I will explain what should be considered and how to determine the treatment plan based on the process of how apical periodontitis is established.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。