抄録

印刷

Bホール アネックスホール
アネックスホール

11 (SAT) Afternoon 13:00〜14:00 プログラム
Tidemark of CAD/CAM & Implant Technology (Part I)
山本尚吾
著作一覧
講演
山本尚吾
art & experience BeR

[PROFILE]

1980年 愛媛県歯科技術専門学校卒業
2002年 art & experienceメンバー(Claude Sieber氏主宰)
2007年 Masterlab(VITA Zahnfabrik社)認定
2007年 Crown & Bridge Ambassador(BEGO社)に就任
2008年 C.HAFNER Exclusive Instructor(C.HAFNER社)に就任
現在、VITA international speaker、Sirona inLab Evangelist、CAMLOG インプラントシステム公認インストラクター、日本審美学会認定講師、東京SJCD会員、日本歯科技工士会会員

CAD/CAM esthetic

[講演内容]

 今日のCAD/CAMはバージョンアップされ、インプラント補綴においてはチェアサイドのCTスキャンと連動した高次元の設計を可能とし、ラボサイドをサポートするものとなった。今回は、CAD/CAMシステムとそのソフトウェアを応用した審美補綴の症例を報告しながら、CAD/CAMのみでは完成しえない、機能的で組織と調和したセラミックスを製作するためのアナログとの調和についても皆さんと考えてみたい。
 現代の補綴治療の最終的なゴールは、マクロ的・ミクロ的な調和の達成に加え、患者の顔貌との調和にある。そのことの重要性を考察し、それにともなう事前の必要資料を紹介し、さらには計画的な準備と製作ステップについて解説したい。
 具体的な講演内容は以下のとおり。①CAD/CAMの必要性の考察、②歯周組織との調和のための準備と考察、③歯冠のポジションと機能およびスマイルラインとの調和、④CAD/CAMによるデジタルカラーメイキング、⑤デジタルソリューションの未来。


MENU

WHAT'S NEW

2017.09.01
「第8回 日本国際歯科大会2018」公式サイトがオープンしました。ぜひ、こちらよりご利用ください。
2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。