抄録

印刷

Gホール 会議センター3F
会議センター3F

12 (SUN) Afternoon 14:40〜15:30 プログラム
Dental Treatment Responding to Patients of All Ages
山原幹正
講演
山原幹正
大分県開業

[PROFILE]

1984年3月 広島大学歯学部卒業
同年4月~1985年3月 広島大学医学部病理学第1講座研修
1988年3月 広島大学大学院(口腔外科学専攻)修了(歯学博士)
1988年4月 広島大学助手  
同年4月~9月 広島大学医学部麻酔科研修  
1989年3月 広島大学退職
同年10月 大分市にて開業、現在に至る
2006年4月~2011年3月 大鶴歯科医師会会長

医科歯科連携構築と将来展望

[講演内容]

 来たるべき超高齢社会において、求められる歯科医療はインプラント、歯周病再生療法などの先端技術より、口腔ケアや口腔機能の維持、向上なのかもしれない。社会構造の変化は、自力で医院に通院できない在宅の患者増加を意味し、これらに対応するためには、歯科も積極的に地域、病院・施設での診療を進めることが要求される時代になっている。
 大鶴歯科医師会では、約3年前に湯布院厚生年金病院と医科歯科連携を締結し、入院患者の歯科治療を担当してきた。以後、大分市内の2つの病院とも同様の連携が成立し、この4月からは連携病院内に「摂食・咀嚼・嚥下センター」を開設し、嚥下障害のある患者へ積極的に対応するシステムを構築した。
 われわれは地域の歯科医師会として、病院・施設で口腔ケア・口腔機能の向上を推進し、より質の高い在宅歯科医療を目指している。今回はこの連携をとおして見えてきた課題、問題点などについて報告してみたい。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。