抄録

印刷

Cホール 会議センター5F
会議センター5F


12 (SUN) Afternoon 16:00〜16:30 プログラム
Esthetic Restoration of Natural Teeth in the MI Era:From Laminate Veneer to Crown Bridge
大河雅之
著作一覧
講演
大河雅之
東京都開業
Masayuki Okawa
Private practice in Tokyo

[PROFILE]

1962年 岩手県出身
1987年 奥羽大学歯学部卒業
2001年 代官山アドレス歯科クリニック開院
現在に至る
東京SJCD理事、SJCDインターナショナル学術委員長、AMED(米国マイクロスコープ歯科学会)理事、奥羽大学歯学部同窓会本部学術部長、審美歯科学会認定医、日本顎咬合学会認定医、イボクラール・ビバデント社オピニオンリーダー、Quintessence Asia Pacific Edition Journal Editorial Advisory member

Minimally invasive interventions for esthetic dentistry

[講演内容]

 審美修復治療は、バイオミメティックアプローチという考え方の浸透、接着技術と疾患の原因に対するアプローチが進んだ現在、必要最小限の処置で適切な効果をあげる治療が目指されている。技術的にはマイクロスコープの応用により高い精密性と予知性が得られてきている状況にある。また、治療における専門性はより高度になり、最良の審美的結果を得るためにはチームアプローチは欠かせないものとなっている。
 本講演では、審美修復治療におけるMIを考慮した治療計画立案とその臨床術式、ポーセレンボンデッドレストレーションにおけるマイクロスコープの有用性について臨床症例を通して解説したい。


Minimally invasive interventions for esthetic dentistry

[Abstract]

 Recent esthetic restorative therapy aims minimally invasive treatment to achieve effective result by minimal invasion based on prevailing concept of “Biomimetic Approach”, advanced adhesion technology and understanding of causes of diseases. Using microscope help gaining higher precision and better prognosis. In addition, each specialty in treatment has become much more special and team approach is now essential to achieve the best esthetic results.
 I will present the therapeutic planning that considers MI in the esthetic restorative therapy and usefulness of microscope in porcelain-bonded restoration with my clinical experience.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。