抄録

印刷

Bホール アネックスホール
アネックスホール


11 (SAT) Morning 11:30〜12:30 プログラム
Dental Technology in Super-aged Society(Part I)
奥森 健史
講演
奥森 健史
(有)デンタル・プログレッシブ
Takeshi Okumori
Dental Progressive

[PROFILE]

1984年 東洋医療専門学校卒業
1992年 渡独(プフォルツハイム)
2000年 (有)デンタル・プログレッシブ開設
現在、咬合・補綴治療計画セミナー インストラクター、K.S.I .セミナー主幹、大阪大学歯学部 歯科技工スーパーバイザー、日本歯科技工士会 認定講師

Partial & over denture with implant:失われた機能を回復する、ストラクチャーデザイン

[講演内容]

 連続した欠損歯列に対しては、インプラント補綴、パーシャルデンチャー、また双方を組み合わせたインプラントがアシストするオーバーデンチャーと、オプションは多岐にわたる。いずれにせよラボサイドも、失われた歯と歯周組織を回復して審美・機能の改善を図り、顎口腔系のすべてが機能していく治療ゴールを理想とする。さらにその永続性も期待しての対応となる。しかし例えば、インプラント補綴と残存歯で美しく再構成された歯列でも、予後に悪条件が重なり再介入となる場合もある。今後、固定性装置から可撤性装置へ移行する対応も“次の一手”として重要となっていくのではないか。
 欠損補綴のキーワードは 「機能」と「構造力学」であろう。生体へのアプローチという部分では“考える歯科技工”を要求される。本講演では、残存歯、顎堤粘膜、インプラントとそれぞれ異なる“力”をどう補綴装置に組み込むかを含め、欠損補綴の基礎となるパーシャルデンチャーにおける力のコントロールを指標としつつ、インプラント、またアシストするデンチャーまでの臨床例を考察したい。


Partial & over denture with implant

[Abstract]

 For consecutively missing teeth areas, there are a lot of treatment options such as implant prosthesis, partial denture, and partial denture assisted by implants. Also aiming to improve aesthetic and function with recovering lost teeth and periodontal tissue, and dental technicians consider the treatment goal that all the stomatognathic system well functions as the ideality anyhow. In addition, the longitivtiy is also needed. However, for example, even prosthesis reconstructed by implant and remaining teeth are well aligned in one dental arch reintervention may also be necessary because of unexpected trouble induced by overlapping adverse conditions. In future, transition to the removable denture from fixed denture, as the “next treatment step”, will also become more and more important.
 The keyword of prosthodontics for missing teeth is “function” and “structural mechanics”. “Thinking dental technician” is required due to the necessity of approach to biocompatibility. This presentation will cover clinical cases of implant dentures, including how to combine different “dynamics” in remaining teeth, masticatory mucosa, and implant into prosthesis on the basis force control, in partial denture.

[関連書籍]

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。