抄録

印刷

Aホール アネックスホール
アネックスホール

12 (SUN) Afternoon 15:00〜16:00 プログラム
Special Session: Clinical Skills of Dental Technologists
小田中 康裕
著作一覧
講演
小田中 康裕
oral design彩雲

[PROFILE]

1964年 岩手県生まれ
1984年 岩手歯科技工専門学校卒業
1986年 IDAラボテックスクール入社
1993年 Willi Geller氏のラボ(oral design CENTER DENTAL-LABOR W. GELLER,スイス)留学
1996年 上北沢歯科勤務 
1998年 有限会社バーレン開業
2012年 オーラルデザイン彩雲開業

補綴物による歯肉コントロールの18年

[講演内容]

 1990年の半ば頃を境に、日本の歯科界は「歯科医師と歯科技工士のコラボレーション」を題目に今日まで歩んできた。とあるイタリアの出版社の編集長からの質問で、日本の文献のレベルは2000年頃から飛躍的に成長し、今となっては(2005年頃と記憶している)世界のトップクラスになったのではないか、ということを言われたことがある。このことを、日本の歯科関係者は意識して仕事をしているのだろうか? ここは、自分が海外で講演をしていても感じることでもあり、海外の受講生の反応があるところでもある。海外では、日本の歯科界のように補綴物を口腔内に装着してから、補綴物・歯科医師によっていかに歯肉をコントロールするかというところに着眼点はないような印象を受けるし、そのような講演・文献をあまり目にしたことはない。
 こうした中、筆者は行田克則歯科医師(東京都開業)とともに彼のシステムであるエマージェンスプロファイル(Sシェイププロファイル)、オベイトポンティック、そしてインプラントの文献を発表してきたが、2人で仕事を始めてから18年程の間に技工の考え方を整理できた部分や考え方の修正点を、お伝えできたらと思う。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。