抄録

印刷

Dホール 会議センター5F
会議センター5F


11 (SAT) Afternoon 13:30〜17:00 プログラム
Sinus Floor Elevation ─ Best Alloplastic Materials
春日井昇平
著作一覧
座長
春日井昇平
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科インプラント・口腔再生医学分野教授
Shohei Kasugai
Professor,Graduate school of Tokyo Medical and Dental University

[PROFILE]

1979年 東京医科歯科大学歯学部卒業
1983年 同大学大学院修了、歯科薬理学講座助手
1989~1991年 トロント大学MRC Group in Periodontal Physiologyポスドク
1995年 同大学歯学部歯科薬理学講座助教授
2000年 同大学大学院医歯学総合研究科摂食機能制御学分野教授
2001年 同大学歯学部附属病院インプラント外来科長(併任)
2004年 同大学大学院医歯学総合研究科インプラント・口腔再生医学分野教授
現在に至る
Dホール 会議センター5F
会議センター5F


11 (SAT) Afternoon 13:30〜13:40 プログラム
Sinus Floor Elevation ─ Best Alloplastic Materials
春日井昇平
著作一覧
講演
春日井昇平
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科インプラント・口腔再生医学分野教授
Shohei Kasugai
Professor,Graduate school of Tokyo Medical and Dental University

[PROFILE]

1979年 東京医科歯科大学歯学部卒業
1983年 同大学大学院修了、歯科薬理学講座助手
1989~1991年 トロント大学MRC Group in Periodontal Physiologyポスドク
1995年 同大学歯学部歯科薬理学講座助教授
2000年 同大学大学院医歯学総合研究科摂食機能制御学分野教授
2001年 同大学歯学部附属病院インプラント外来科長(併任)
2004年 同大学大学院医歯学総合研究科インプラント・口腔再生医学分野教授
現在に至る

上顎臼歯部のインプラント治療とサイナスフロアエレベーション

[講演内容]

 上顎臼歯部欠損部においては上顎洞が近接することが多いため、この部位にインプラント治療を行う際に、サイナスフロアエレベーション(上顎洞底挙上術、Sinus Lift)と呼ばれる骨造成を必要とする症例は多い。上顎洞底への骨造成法には、骨造成と同時にインプラントを埋入する方法と、最初に骨造成を行った後にインプラントを埋入する方法がある。また上顎洞にアプローチする方法として、欠損部の頬側から、あるいは頂部からアプローチする方法がある。さらに、骨造成する際に、自家骨やさまざまな骨補填材が使用されているが、近年移植材を用いない上顎洞底挙上術も報告されている。
 本シンポジウムでは、この手法に精通している臨床家に上顎洞底挙上術の適応症、さまざまな手法の特徴、合併症を防ぐための留意点などについてご講演いただき、活発なディスカッションを行っていただく。


Dental implant treatment in maxillary posterior region with sinus floor elevation

[Abstract]

 Maxillary sinus floor elevation procedure (sinus lift) for the deficient maxillary posterior implant sites is conducted in many clinical cases. Staged or simultaneous approach could be used for maxillary sinus floor augmentation. The augmentation is performed via a lateral window approach and a transcrestal approach. Autogenous bone and various bone substitutes are applied to maintain the volume below the elevated sinus membrane. On the other hand, recent studies have reported that maxillary sinus floor elevation was performed without any grafting materials.
 In this symposium, expert clinicians in the field related to maxillary sinus floor elevation will comment on the clinical indication, surgical procedures, selection criteria for grafting materials and prevention strategies of postoperative complications.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。