抄録

印刷

Dホール 会議センター5F
会議センター5F


11 (SAT) Afternoon 14:40〜15:10 プログラム
Sinus Floor Elevation ─ Best Alloplastic Materials
勝山英明
著作一覧
講演
勝山英明
神奈川県開業
Hideaki Katsuyama
Private practice in Kanagawa

[PROFILE]

1991〜1993年 ハーバード大学医学部Beth Israel Hospital, De­part­ment of Medicine, Research fellow
2007年~ ITI(International team for Implantology) 理事、セクションジャパン教育監事
九州大学歯学部卒業、同大学院歯学臨床系口腔外科学専攻、同大学医学部薬理学教室出向、歯学博士
日本口腔インプラント学会指導医、専門医
日本顎顔面インプラント学会指導医    
医療法人社団さくら会理事長
CID (Center of Implant Dentistry) デイレクター

サイナスフロアエレベーションにおけるリスク評価および治療ガイドライン

[講演内容]

 上顎臼歯部はインプラント治療を行うにおいて特に注意を要する部位である。その解剖学的特異性から同部位の歯牙を失うと、インプラント埋入に対して骨量が垂直的ならびに水平的に不足する状況が頻繁に存在する。骨量の乏しい同部位におけるインプラント治療は種々のリスクファクターからSAC分類において複雑(Complex)な治療であると分類されており、成功率のみでなく合併症の起こる頻度とそのインパクトは重大である。 
 治療術式の進歩により、従来全身麻酔下で処理していた症例の大部分も外来での治療で解決できるようになった。一方、低侵襲治療の名のもとに科学的根拠の乏しい治療術式の適応を越えた応用も多く認められる。成功率の高い治療を行うには、科学的背景を持ったガイドラインに従うことが不可欠である。
 本講演においてはリスク評価、治療オプションの分類と選択、骨補填材による治療プロトコルおよび失敗と合併症に対して言及する予定である。


Risk assessments and treatment guideline for maxillary sinus floor elevation

[Abstract]

 The posterior maxilla has been documented as the most difficult and problematic intraoral area in implant therapy. Vertical and horizontal alveolar bone deficiencies for implant placement occur following tooth extraction in the posterior maxilla. According to SAC classification, implant therapy with severe atrophic posterior maxilla is categorized as a “Complex”. The effect of implant therapy in such posterior maxillae on success rate of implants and frequency of complications should be considered.
 Recent advance in implant surgical procedures does not require general anesthesia in many severe cases. However, the less-invasive therapy allows implantologists to place implants in the posterior maxillae with inadequate evidence based dentistry. Treatment guideline based on scientific evidence is essential for predictable outcomes with higher success rate.
 This presentation will provide risk assessments, treatment classification, therapeutic options, treatment protocols for bone grafting materials, treatment failures and postoperative complications in the severely atrophic posterior maxillae.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。