抄録

印刷

Pホール 会議センター3F
会議センター3F

12 (SUN) Afternoon 14:30〜15:30 プログラム
加藤 典
講演
加藤 典
スウェーデンデンタルセンター・歯科衛生士

[PROFILE]

1982年 大宮歯科衛生士学院 現・大宮歯科衛生士
        専門学校卒
1982年 一般開業医勤務
1997年 スウェーデンデンタルセンター勤務
        現在に至る

日本歯周病学会認定歯科衛生士
日本臨床歯周病学会認定歯科衛生士

インプラント患者のサポーティブセラピー

―インプラント周囲病変を引き起こさないために―

[講演内容]

 インプラントの安定した長期予後を得るには、インプラント治療後のサポーティブセラピー(Supportive Therapy: ST)が重要な鍵となる。
 STで適切な診査・診断のもと継続的にモニタリングを行い、高いプラークコントロールレベルを維持することで、インプラント周囲炎の予防が可能となる。術者は、インプラント治療開始時に患者に適切な情報を提供し、治療後は患者のリスクファクターを考慮して、上部構造、インプラント体、インプラント周囲組織などを継続的にチェックする。とくにインプラント周囲組織の診査では、天然歯との歯周組織の相違点を考慮して細心の注意を払う必要がある。ときに、治療の早期介入や、インプラント周囲の感染のコントロールをしやすい環境に整える必要もある。
 今回は、私の勤務するスウェーデンデンタルセンターでインプラントを応用した長期症例を提示し、歯科衛生士の行うSTを検討し、私見を述べさせていただきたいと思う。


MENU

WHAT'S NEW

2017.09.01
「第8回 日本国際歯科大会2018」公式サイトがオープンしました。ぜひ、こちらよりご利用ください。
2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。