抄録

印刷

Jホール 会議センター4F
会議センター4F

11 (SAT) Afternoon 16:00〜16:15 プログラム
Japanese Society of Aesthetic Dentistry・WDC Joint Session
Part7
川村則夫
講演
川村則夫
高知県開業

[PROFILE]

1997年 九州歯科大学卒業
吉松歯科医院(福岡県久留米市)、松延歯科医院(福岡県京都郡)勤務を経て
2002年 高知県四万十市にて川村歯科開業

補綴前処置としての力のコントロール

[講演内容]

 エンド処置やプラークコントロールと同じく、力のコントロールは最終補綴にいたる前処置として重要な意味をもつと思われる。
力のコントロールによって、さまざまな要因からなる非生理的な力から解放されると歯牙は移動し、顎位が本来の位置に回復するが、欠損補綴を必要とするケースではインプラント、ブリッジとも補綴後に生体の治癒反応としての歯牙移動は望めない。つまり補綴前処置として十分な力のコントロールが行われないままに補綴をセットすることは、生体にとって病的な状態を固定化しかねないと考えている。
 しかし臨床においては目に見えない力をコントロールし、生体の治癒能力を予測することは困難で、補綴のタイミングに苦慮することが多い。 
今回は症例を通じ、力のコントロールについて今私自身の考えていることを発表し、ご意見をうかがいたい。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。