抄録

印刷

Kホール 会議センター4F
会議センター4F

11 (SAT) Afternoon 13:05〜13:20 プログラム
SBC(Surgical Basic Course)Meeting
木ノ内 聡
講演
木ノ内 聡
静岡県

[PROFILE]

2008年 日本大学松戸歯学部卒業
2009年 Surgical Basic Course(SBC)受講
2009年 東京医科歯科大学 歯周病講座入局
2013年 桑原歯科医院勤務
現在、Surgical Basic Courseアシスタントインストラクター、club SBC 会員、日本歯周病学会会員、日本臨床歯周病学会会員

歯肉退縮に対する治療について

[講演内容]

 歯肉退縮は加齢とともにリスクは増加していき、過剰な咬合圧、歯列不正、不良充填物やオーバーブラッシングなどの原因で引き起こされる場合が多い。特に日本人の歯肉は薄いタイプが多く、そのリスクは高いと考えられる。
 歯肉退縮により知覚過敏症状、二次カリエスや審美の低下が起こる。知覚過敏なら硝酸カルシウムやボンディングの塗布、カリエスでは除去しコンポジットレジン充填や補綴による処置などが一般的であろう。
 その中で結合組織移植術を行うことにより歯肉退縮の改善、歯肉のバイオタイプの改善、審美の回復など他にない効果が得られる。
 今回、結合組織移植術の多くの文献の中から、特にレジン充填や補綴処置がなされている歯肉退縮の症例に対しての報告を中心に、エビデンスに基づいた症例を提示しディスカッションをできればと思う。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。