抄録

印刷

Lホール 会議センター3F
会議センター3F


12 (SUN) Afternoon 13:00〜14:30 プログラム
Science Connection:Periodontal Treatment
久世香澄
講演
久世香澄
ボストン大学ゴールドマン歯科医学部歯周病科、米国歯周病専門医

[PROFILE]

日本歯科大学卒業
神奈川歯科大学大学院/東海大学医学部大学院 歯学博士
米国ボストン大学ゴールドマン歯科医学部大学院歯周病科 米国歯周病専門医
Diplomate of American Board of Periodontology
ボストン大学歯科医学部大学院歯周病科 アシスタントプロフェッサー
ボストン大学歯科医学部大学院応用薬理学 ディレクター
日本歯科大学 客員教授
神奈川歯科大学 非常勤講師

多様な疾患における炎症のリスク

[講演内容]

 人の生命を維持するためには、生物学的恒常性が不可欠である。これを「ホメオスタシス」という。炎症の緩解を解決する際にも、このホメオスタシスは大変重要である。多くの疾患はホメオスタシスを保ちにくくなった結果として発症する。このバランスを欠いた状態は慢性的に存在するが、身体にとって大変危険であることは言うまでもない。そればかりでなく、多くの場合、ホメオスタシスはすぐに目に見える状態で発現するわけではない。そして、長期にわたってアンバランスな状態が続くと、器官に何らかの変化をきたす。まるでくすぶる火を身体に抱えているような状況であるといえる。
 歯周疾患における炎症は全身の代謝に関係しており、心疾患や糖尿病のリスクの助長と強く関連することが多くの研究報告で示唆されている。リウマチ、炎症性腸疾患、一部のガンなどについても同様である。
 今回の私たちの講演では、これらの状況に関連した臨床例を供覧したうえで、細胞内のはたらきについて検討し、 急性炎症・慢性炎症の最新の知見についてご説明する。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。