抄録

印刷

Fホール 会議センター3F
会議センター3F

12 (SUN) Afternoon 15:30〜16:00 プログラム
Decision Making for Advanced Periodontics
榊 恭範
著作一覧
講演
榊 恭範
福岡県開業

[PROFILE]

1983年 福岡歯科大卒
1983年 九州大学歯学部第2保存科入局
1987年 榊歯科医院勤務
1989年 医療法人榊歯科医院勤務
1994年 さかきデンタルクリニック開業
2006年 さかきデンタルオフィス開業

抜歯しますか?保存しますか?

[講演内容]

 抜歯か保存かの判断に苦慮する歯に対しては,近年,以前に比べて早期に抜歯のうえインプラントが適応されることが多くなったように思われる.確かに,保存の難しい歯を無理に残した結果,術者が経過対応に苦慮するばかりか患者も大変な思いをするといった症例は少なくない。
 しかし初診時に保存不可能と思われた歯が,初期治療あるいは歯周外科といった治療を経た再評価の段階で保存可能となる例も,臨床経過をていねいに追いかけている歯科医師であれば経験しており,保存か抜歯かの判断は一定の治療介入とその再評価の結果下しても遅くないという考え方も成り立つ.とくに若い歯科医師にとっては,たとえ教科書的には抜歯と判断されるような歯であっても,いったんは残す努力をしてみないことには,歯の保存の限界を真の意味で理解することはできないのではないかとも思う。
 そこで今回,長期症例から考察してみることにする。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。