抄録

印刷

Aホール アネックスホール
アネックスホール

12 (SUN) Afternoon 14:00〜15:00 プログラム
Special Session: Clinical Skills of Dental Technologists
重村 宏
著作一覧
講演
重村 宏
Japan Craft,JPI代表

[PROFILE]

1978年 大阪歯科大学歯科技工士専門学校卒業、新阪急ビル野口歯科勤務
1984年 貴和会歯科診療所勤務
1988年 JIADS研修会講師、Japan Prosthetic Dental Laboratory開設
2005年 JPI(Japan Prosthetic Institute)講師
2009年 Japan Craft、JPI 主幹

Full custom implant technology:

新たなリテイニングシステムとCo-Crの組み合わせがインプラントに安定をもたらすか

[講演内容]

 オッセオインテグレーテッドインプラントは、世界のインプラント治療に大きな変化と進化をもたらし現在に至っている。当初は、「外科主導型」としてインプラント植立が最大の要件とされ、上部構造をスクリューで固定していた。その後、部分欠損症例や審美領域へ適応を広げセメント合着のクラウン・ブリッジへと変化していった。また骨再生療法などは、植立の自由度を広げ、この進歩と変化がインプラント治療に「補綴主導型」とよばれる概念を生じさせた。しかし近年、過度の「補綴主導型」による術式の問題として大きなリスクが指摘されはじめている。そしてメインテナンスが重要視されるようになった結果、プラークが付きにくく、取り外し可能な上部構造で、長期的に壊れにくく修理可能なものが求められている。これを踏まえて本講演では、
(1)インプラント固定システムの変遷
(2)コバルトクロム合金のインプラントへの応用
(3)CAD/CAMからフルカスタムテクノロジーへの進化
(4)インプラント補綴での咬合・審美・適合へのアプローチ
以上の内容を時間の許す限りご参加の皆様と共に考えてまいりたいと思う。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。