抄録

印刷

Eホール 会議センター5F
会議センター5F

12 (SUN) Afternoon 15:20〜15:50 プログラム
Implant Maintenance Care:Concrete Measures and Recall System
島田昌明
著作一覧
講演
島田昌明
山口県開業

[PROFILE]

1985年 広島大学歯学部卒業
広島大学歯科補綴学第1講座(現 先端歯科補綴学講座)入局
1989年 しまだ歯科医院開業
2012年 歯学博士号取得
現在
近未来オステオインプラント学会指導医、京セラメディカル株式会社POIインプラント公認インストラクター、日本補綴歯科学会会員、日本歯周病学会会員、米国歯周病学会(AAP)会員

インプラント治療におけるメインテナンスの実際

[講演内容]

 近年、インプラント周囲炎が話題となっている。歯科雑誌、セミナーなどのどこかで必ず取り上げられていると言っても過言ではないが、骨結合型インプラントが登場してからの年月を考えると、最近の動向にはある種の違和感を覚える。
 社会的ニーズを背景に、抜歯後即時埋入をはじめ即時負荷、フラップレス・PCガイデッドサージェリー、GBR、そして審美的インプラント治療の術式は発展を遂げ、患者・術者ともに多大な恩恵に与かってきた。その一方で、生体内から外界へ貫通するインプラントが抱える負の側面が着実に自己主張を始め、治療結果を永続させる難しさが顕在化してきている。動的治療後のメインテナンスの重要性は歯周治療において実証済であるが、日常臨床でうまく機能していないようにも思われる。
 今回、歯周炎と類似し、より対応が困難な疾患であるインプラント周囲炎について、メインテナンスの観点から考察を加えてみたい。


MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。