抄録

印刷

Dホール 会議センター5F
会議センター5F


11 (SAT) Afternoon 15:20〜15:50 プログラム
Sinus Floor Elevation ─ Best Alloplastic Materials
菅井敏郎
著作一覧
講演
菅井敏郎
東京都開業
Toshiro Sugai
Private practice in Tokyo

[PROFILE]

1978年 松本歯科大学卒業
同年 大阪大学歯学部口腔外科医員
1985年 大阪大学歯学博士
1986年 インディアナ大学客員研究員
1990年 UCLA歯学部インプラント外科臨床フェロー
1992年 UCLA顎顔面クリニック客員准教授
1998年 医療法人社団UC会理事長
2002年 東京医科歯科大学臨床教授
所属学会:日本顎顔面インプラント学会理事・指導医、日本口腔インプラント学会代議員・専門医など

サイナスフロアエレベーションの診査・診断・術式と骨補填材

[講演内容]

 昨今の歯科インプラント治療の普及にともない、医療トラブルが増加していることは周知の事実である。インプラント治療の結果には、術者・患者・生体材料・治療方針の4つのファクターが関連して影響し、そのうち術者の知識、経験とスキルの占める割合が大きいといわれている。日本顎顔面インプラント学会の調査によると、インプラント手術関連の重篤な医療トラブルとして神経損傷に次いで上顎洞内インプラント迷入と上顎洞炎が上位を占めており、上顎洞に関するトラブルの約7割がサイナスフロアエレベーションに起因していると報告されている。
 そこで今回の講演では、医療トラブルの多いサイナスフロアエレベーションを安全に行うための診査・診断・術式に加えて、セッションのテーマである骨補填材に関して解説を加える予定である。


Assessment, diagnosis, surgical procedures and bone grafting materials for maxillary sinus floor elevation

[Abstract]

 It is well-known that the progression of implant dentistry has caused the increase of therapeutic troubles. Treatment outcomes are influenced by four factors: surgeon quality, patient conditions, biomaterial selection and treatment planning. Especially, the knowledge, experiences and surgical techniques of surgeons markedly affect treatment outcomes. Japanese Academy of Maxillofacial Implants reported that serious postoperative complications were mainly nerve injuries, followed by maxillary sinusitis and implant migrations into maxillary sinus cavity and approximately 70 % therapeutic troubles related to maxillary sinus is caused by maxillary sinus floor elevation.
 This presentation will provide the examinations, diagnoses, surgical procedures and bone substitutes for maxillary sinus floor elevation.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。