抄録

印刷

Aホール 会議センター1F
会議センター1F


12 (SUN) Morning 11:10〜11:40 プログラム
Joint Session for Dentists and Dental Hygienists: How to Get Cutting Edge Cariology into General Clinical Practice
杉山精一
著作一覧
講演
杉山精一
千葉県開業
Seiichi Sugiyama
Private practice in Chiba

[PROFILE]

1983年 東京歯科大学卒業
1983年 福島歯科医院勤務
1987年 医療法人社団清泉会杉山歯科医院 現在に至る
2011年 八千代市歯科医師会会長(~2013年)
日本ヘルスケア歯科学会代表
日本口腔衛生学会う蝕委員会委員

ICDASを取り入れたカリエスマネジメントの実際

[講演内容]

 私の歯科医院では1995年から予防を基本とした診療システムを導入している。う蝕治療に関しては、それまでの切削治療主体から、初期病変の診査とカリエスリスクアセスメントの結果をもとにして、歯質保存治療を主体としたカリエスマネジメントへ大幅な治療方針の変更を行った。また2009年よりICDASを導入しているが、患者はもとより院内での情報共有においてとても有益であり、カリエスマネジメントには必須のツールであると実感している。2013年からは、Infiltration治療、DIAGNOcamも導入して、よりよい結果を出せるのではないかと期待している。
 今までの臨床経験から、成人以降の治療の多くは充填物や補綴物の脱離、そしてそれらによる二次的な疾患によるものであり、小児若年期にいかに健全な歯質を保存できるかが、生涯の口腔の健康に大きな影響を与えていることを実感している。
 この講演では、ICDASを取り入れた新しいカリエスマネジメントについて、日本でのさらなる普及を念頭に置いて解説したい。


Practical caries management using ICDAS

[Abstract]

 Prevention oriented dental system has been adapted in my office since 1995. Our principle had drastically changed from the conventional drilling and filling type of treatment to the comprehensive caries management that mainly focus on tooth substitute preservation based on primary caries detection and caries risk assessment. Since 2009, ICDAS was introduced. It is beneficial for sharing information not only with patients but also among office staffs and it is essential for caries management. I am expecting more effectiveness for the newly introduced tools such as “Infiltration therapy” and “DIAGNOcam “ in my office since 2013. I think many of treatment for adults are filling again for dislodged inlay or filling, and consequent recurrent caries treatment. So I feel the importance of the primary care to prevent caries and preserve tooth substitute in their childhood for the future oral health. I will explain ICDAS caries management and would like to promote that concept in Japan.

MENU

WHAT'S NEW

2014.10.13
第7回 日本国際歯科大会ならびに第7回ワールドデンタルショー2014が大盛況のうちに閉幕いたしました。全国より多数のご参加まことにありがとうございました。
2014.10.12
12日(日)午前中のAホールは、歯科衛生士と歯科医師向けカリオロジーの合同セッションです。
2014.10.11
12日(日)Bホール 講演時間:16:00~17:00 Otto Zuhr先生の講演タイトルが「Plastic surgery without papilla incision」に変更になりました。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:9:00~12:00の「MFTシンポジウム」において、William Zickefoose先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、DVDによる講演になります。
2014.10.11
12日(日)Lホール 講演時間:14:30~17:30 「チームでアプローチ! インプラントメインテナンス」において、Susann Lindgren先生が都合により来日できなくなりました。代わりに、パワーポイントによる講演になります。
2014.10.10
10日、Dホール 講演時間:15:30~15:45 大住祐子先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。
2014.10.10
11日、Bホール 講演時間:9:40~10:40、Iñaki Gamborena先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。9:40~10:20の時間帯は、同セッション12:00~12:40講演予定となっておりましたGivi Ordzhonikidze先生の講演に変更になります。
2014.10.10
12日、アネックスAホール 講演時間:9:00~10:15
Alwin J. Schönenberger先生の講演は都合によりキャンセルとなりました。代演は、桑田正博先生の「1980~オールセラミックの時代 1962~P.F.M. 再びオールセラミックの時代到来か?」となります。
2014.09.16
早期割引3は9/30までとなっております。参加希望の方はお早めにお申し込みください。
2014.06.03
『第7回 日本国際歯科大会』特設サイト
スマートフォンサイトもリニューアルオープンしました。